NEWS
2020年09月14日 12時25分 JST

TikTok買収「マイクロソフト脱落、オラクルに」 米紙が報道

これまでもバイトダンス側は完全売却ではなく、自らも出資を続けることを希望していると報じられており、一定の関与が残る形になった可能性があります。

Mario Tama via Getty Images

TikTok買収「MS脱落、オラクルに」 米紙が報道

 中国企業バイトダンス傘下の人気アプリ「TikTok(ティックトック)」の米国事業買収をめぐり、米ウォールストリート・ジャーナル紙は13日、米オラクルの提案が選ばれたと報じた。これまで買い手として米マイクロソフト(MS)が有力視されてきたが、MSは同日、バイトダンスに提案を受け入れられなかったと明らかにした。

 同紙は、関係者の話として、ティックトックの買収提案で選ばれたのはオラクルだと報じた。米国事業を完全に買収する形ではなく、「技術提携先」として事業に携わる形だという。これまでも、バイトダンス側は完全売却ではなく、自らも出資を続けることを希望していると報じられており、一定の関与が残る形になった可能性がある。

 ティックトックは、短時間のビデオに音楽を組み合わせて投稿できる人気アプリ。世界のダウンロード数は20億を超え、米国の利用者も1億人に上る。トランプ政権は、中国当局への情報流出など安全保障上の懸念があるとして、9月半ばを期限に米国内の利用を禁じるとともに、米国事業を米企業に売却するよう求める大統領令を出していた。(サンフランシスコ=尾形聡彦)

(朝日新聞デジタル 2020年09月14日 11時01分)

関連ニュース