NEWS
2020年06月29日 11時00分 JST | 更新 2020年06月29日 11時16分 JST

【都知事選】小池氏が安定 宇都宮氏、山本氏らは苦戦(朝日新聞情勢調査)

投票態度を明らかにしていない人が3割おり、情勢は変わる可能性がある。

時事通信社
都知事選・候補者のポスター掲示場

都知事選、小池氏が安定 宇都宮氏ら苦戦 朝日情勢調査

 7月5日投開票の東京都知事選について、朝日新聞社は27、28の両日、都内の有権者に電話調査し、取材で得た情報とあわせて情勢を探った。現職の小池百合子氏(67)が安定した戦いぶりで、元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)らは苦戦している。

 投票態度を明らかにしていない人が3割おり、情勢は変わる可能性がある。

 態度を明らかにした人を分析すると、小池氏は自民支持層の8割、公明支持層の大半を固めた。無党派層の7割にも浸透し、他候補を引き離している。

(朝日新聞デジタル 2020年06月29日 09時44分)

関連ニュース