政治
2020年07月06日 15時31分 JST | 更新 2020年07月06日 15時32分 JST

東京都知事選2020の開票結果。過去最多22人の候補者の得票数は?

小池百合子氏が6割近い得票で圧勝。宇都宮健児氏、山本太郎氏と続いたがどちらも1割程度に留まる。

PHILIP FONG via Getty Images
東京都庁のイメージ写真

7月5日に投開票された東京都知事選は、現職の小池百合子氏が歴代2位となる約366万票を得る圧勝に終わった。都選管の公式サイトにデータが掲載されている。 

トップの小池氏の得票率は約59.7%に及んだ。2位の宇都宮健児氏は約84万票、3位の山本太郎氏は約65万票と続いた。この2人の得票率は、それぞれ約13.7%と約10.7%と1割台に留まった

国政政党の野党内では、立憲民主・共産・社民の三党が無所属の宇都宮氏を「事実上の野党統一候補」として支援する一方で、れいわ新選組は山本太郎代表が出馬するなど対応が分かれていた。 

今回の都知事選には、過去最多の22人が立候補していた。

 

■都知事選候補者22人の得票数

小池百合子  366万1371

宇都宮健児  84万4151

山本太郎   65万7277

小野泰輔   61万2530

桜井誠    17万8784

立花孝志   4万3912

七海ひろこ  2万2003

後藤輝樹   2万1997

沢しおん   2万738

西本誠    1万1887

込山洋    1万935

平塚正幸   8997

服部修    5453

斉藤健一郎  5114

市川浩司   4760

内藤久遠   4145

関口安弘   4097

竹本秀之   3997

石井均    3356

長澤育弘   2955

押越清悦   2708

牛尾和恵   1510

 

※有効投票数は613万2678.987票

※得票で小数点以下がある場合は切り捨て。

※敬称略