NEWS
2019年07月07日 10時37分 JST | 更新 2019年07月14日 10時43分 JST

ヒーローショー“お姉さん”がセクハラ告発⇒ 東映が謝罪 「計6名」が関与

体を触られるなどの被害をヒーローショーの“お姉さん”が訴えていた問題で、東映は計6人によるハラスメント行為を確認したと発表した。「厳粛な処分・対応を行います」としている。

東京ドームシティ公式サイトから
シアターGロッソ

東京ドームシティ(東京都文京区)の特撮ヒーローショーが行われる劇場「シアターGロッソ」で、ショーの“お姉さん”を務めていた中山愛理さんがハラスメント被害を訴えていた問題で、東京ドームからショー制作を受託している東映と東映エージエンシーは7月6日、「SNS上での訴えがございましたハラスメント等が行われていたことが概ね確認できました」とする報告文を発表した。

中山さんはTwitterで6月に、男性器のあだ名で呼ばれる、卑猥な質問をされる、すれ違いざまに尻を揉まれる、胸を触れるなどのセクハラ被害や、あいさつを無視されるなどの嫌がらせを受けていたと訴えていた。

 

■計6人がハラスメント行為

東映は発表で、東映エージエンシーの社員1人、委託先の会社に所属するスタッフ等の計6人について「SNS上での訴えがございましたハラスメント等が行われていたことが概ね確認できました」としている。

「被害を受けた方及びご家族に心よりお詫び申し上げます。また、ヒーローショーを楽しみにしてくださるお客様、シアターGロッソを運営する株式会社東京ドームをはじめとする関係各社様に多大なるご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます」と謝罪した。

その上で、「ヒーローショーを制作する会社としての責任を重く痛感し、被害を受けた方の訴えを真摯に受け止め、ハラスメント等を行ったスタッフに対し、今後その関与の度合いに応じた厳粛な処分・対応を行います」としている。

東映エージエンシーは「被害を受けた方から名前があがりました当社社員に関しては、現在開催が予定されているヒーローショーの制作に関与させないことといたします」としている。

同社総務部によると、調査は継続中だという。

 

■再発防止策に「ハラスメント講習を必須」

東映と東映エージエンシーは、被害者の意見を取り入れたうえで、下記の対策をとるとした。

・ヒーローショーに関わるスタッフが事前にハラスメント講習を受講することを必須
・ハラスメント等が起きないよう継続的な教育プログラムを作成
・ヒーローショーに関わる全てのスタッフが匿名で相談可能な外部窓口の設置
・第三者による現場における定期的な聞き取り調査等を行う

 

■中山さん「現場の環境改善を約束して頂きました」

中山さんは7月6日にTwitterを更新し、こう報告した。

「皆様にご報告させて頂きます。先日、東映様より聞き取り調査があり、事実確認後に現時点での報告と謝罪を頂きました。まだ最終的な報告ではありませんが、現場の環境改善を約束して頂きました。応援、励ましのお言葉本当にありがとうございます」