WOMAN
2019年08月23日 11時47分 JST

ヒーローショー“お姉さん”がセクハラ告発 東映が最終報告を発表

ハラスメント行為に関与した6人を処分した。被害女性は「前時代的なハラスメントに苦しめられることなく生きていける環境が、社会に浸透して欲しい」とつづった。

東京ドームシティ公式サイトから
シアターGロッソ

東京ドームシティ(東京都文京区)の特撮ヒーローショーが行われる劇場「シアターGロッソ」で、ショーの“お姉さん”を務めていた中山愛理さんがハラスメント被害を訴えていた問題で、東京ドームからショー制作を受託している東映と東映エージエンシーは8月19日、「最終報告」を発表し、謝罪した。

この問題は6月に中山さんがTwitter上で被害を訴えたことで発覚した。

男性器のあだ名で呼ばれる、卑猥な質問をされる、すれ違いざまに尻を揉まれる、胸を触られるなどのセクハラ被害や、あいさつを無視されるなどの嫌がらせを受けていたと明かした。

東映側は7月6日に「SNS上での訴えがございましたハラスメント等が行われていたことが概ね確認できました」とする報告文を発表し、東映エージエンシーの社員1人、委託先の会社に所属するスタッフ等の計6人が関わっていたことを明らかにしていた。

19日の発表では、この6人を処分したことを報告した。

社員1人については、「社内規定に基づき厳正な処分」を行い、「今後のヒーローショーの制作にも関与させない」とした。

また、委託先のスタッフ等の5人については「ハラスメント等の内容に応じた出演停止も含む厳正な処分を行いました」としている。 

具体的な再発防止策として、以下を示した。

・ヒーローショーに関わるスタッフ全員に対するハラスメント講習を定期的に実施
・ヒーローショーに関わるスタッフが匿名で相談可能な外部の通報窓口を設置した
・ヒーローショーの現場において、東映、株式会社東映エージエンシー、委託先会社がそれぞれハラスメント対策担当者を置き、各担当者が連携を取る
・第三者の専門家による定期的な聞き取り調査を実施

東映は最終報告で、「被害を受けた方及びそのご家族に対し、SNS上で訴えなければならなくなるまでハラスメント等を防止することができず、不快な思いをさせ、多大なるご迷惑をおかけしましたこと、改めまして心よりお詫び申し上げます」と謝罪。

「当社及び株式会社東映エージエンシーとしましては、ヒーローショーを楽しみにしてくださるお客様やスタッフが安心してショーに参加できる環境づくりに引き続き努めて参ります」

 

■中山さん、子どもたちへの思いつづる

中山さんも19日にTwitterを更新し、告発以降、激励の言葉が多く寄せられたことを明かし、「本当に本当にありがとうございました。1年間と少しの間、客席の子供達、皆様に支えて頂いた期間は自分にとって宝物です」と感謝を述べた。

その上で、こうつづった。

時間が掛かる事かもしれませんが、東映様に約束して頂きました再発防止、現場の体制と環境の改善を信じて今後見届けていきたいと思っています。

そして、これからどこかの場所でヒーローと出会う子供達が大人になる頃には、前時代的なハラスメントに苦しめられることなく生きていける環境が、社会に浸透して欲しいと願っています。