アート&カルチャー
2019年02月23日 13時38分 JST

特殊技術で我が家のペットに変身。リアルすぎるマスクが開発された理由を聞いた

製作期間約1ヶ月、お値段30万円〜 「需要あるか分からない」それでも作ると決めた。

造形作家などクリエイターの技術を生かした商品開発を行っている会社が、完全オーダーメイドで自分のペットに変身できるマスクの製造を開始したと発表した。

合同会社新藤倫佳企画事務所 提供
ベンガル猫とそっくりのご主人

あまりにもリアルすぎるこのマスク、なぜ開発に至ったのか。その理由を聞いた。

■プロの特殊造形作家が作成 

開発した合同会社新藤倫佳企画事務所によると、普段ゆるキャラの着ぐるみや映画の小道具、それにフィギュアなどを手掛ける専門の特殊造形作家が製作を担当する。

ペットの写真を元に粘土で彫刻を作成し、型を取る。出来上がったマスクに丁寧に人工の毛を貼り付けると、毛色や模様を塗装し、再現していく。注文から出来上がりまでおよそ1ヶ月の時間をかけて作るという。

合同会社新藤倫佳企画事務所 提供
写真を元に毛色を再現する

完全オーダーメイドで、とにかく元のペットとそっくりなのが売りだ。価格は30万円からで、塗装の量や難易度などに応じて高くなる。

犬や猫などの哺乳類に留まらず、爬虫類などのペットでも受け付けるが「人と構造が違うので目の位置などは相談が必要」だという。

■特殊造形の技術を身近に

このリアル過ぎるマスク、どれぐらい需要があるかは分からないという。

ではなぜ、製作しようと決めたのか。

開発した会社の新藤倫佳代表は「可愛いマスクは世の中にありふれていた。私たちは世にないものを作りたかったので、自分のペットになれるマスクは作る価値がある」という。

さらに、特殊造形作家という職人の世界が、一般の人たちに馴染みが薄かったことも決断の理由だったという。新藤さんは「作家に作品を頼み、自分のペットを作ってもらうことで特殊造形の技術を身近に感じて楽しんでもらえる」と考えている。

「SNSに顔を出すのが恥ずかしくても、顔を隠せて逆に目立てる」と新藤さん。高価ではあるが、どこまで広がりを見せるか注目だ。