NEWS
2019年03月15日 17時09分 JST | 更新 17時間前

建設業界ながら新卒職人の8割が女性。「塗装ガール」が活躍する会社とは?【UPDATE】

女性が増えたことで、もともと同社の主要な事業ではなかったアート塗装が今では主力に。

ユーコーコミュニティー株式会社
女性の塗装職人

【UPDATE 2019/8/22】ユーコーコミュニティーの女性社員2人が長時間労働やセクハラなどでうつ病を患ったとして、労災認定されたと朝日新聞などが報じた。

女性が少ない建設業界。そんな中、社員の4割、新卒入社予定者(職人)の8割が女性という企業がある。戸建て住宅の外壁塗装工事サービスを展開するユーコーコミュニティー株式会社(神奈川県厚木市)だ。  

会社の売りは「アート塗装」。戸建住宅の外壁などに客が希望する絵を描く。ペットのシルエットや家族のイニシャルなどを描いてほしいという要望が多い。「家族の想い出」を家に刻むサービスとして人気だという。3年ほど前から、このアート塗装に共感する美大生から入社希望が相次いでいる。

ユーコーコミュニティー株式会社
アート塗装の一例

 採用で女性が増えたことで、もともと同社の主要な事業ではなかったアート塗装が今では主力の事業に。しかし10年前の創業時には、女性社員は1〜2割ほどだったという。女性社員が増えた背景には先代社長の「女性の視点で会社をより良くしたい」という想いと試行錯誤の努力があったそうだ。

広報課の大輪ゆうきさんに話を聞いた。

ーー女性社員を増やそうと取り組まれた背景は何ですか?

先代の社長が、「女性の視点を取り入れることで、会社をより良くしたい」と考えたのがきっかけです。「女性だから駄目」という当時の業界の常識を捨てよう思ったのです。

 ーー具体的にはどのような取り組みをしたのですか?

 取り組みを始めた当初は女性社員の定着率が低かったため、「女性が働きやすい環境」を整えるところからスタートしました。しかしそれでも定着率はあまり上がりませんでした。

「働きやすい環境だけでは不十分なのでは」。それならば、この仕事自体に「働き甲斐」を感じ、「好き」と思ってくれるような人を採用しようと視点を変えました。

そこでアプローチをしたのが美大生でした。塗装は「色を扱う仕事」なので、美大生のアートな感性を発揮してもらえると思ったのです。

ーーアート塗装が会社の看板事業に成長した背景は何ですか?

もともとアート塗装を会社の強みにしていきたいという想いはありましたが、技術がある方がいませんでした。お客様の大切なお家の外壁に絵を描かせて頂くので、「中途半端に絵が上手い」程度では事業にできません。でも、技術を持つ美大生が多く入社したことで、会社としてもアート塗装に徐々に力を入れていくようになりました。

■ 男性社員に変化も?

ーー女性職人が増えたことで、お客様からの評判はどうですか?

 一般の住宅への塗装は平日の昼間に行うことが多く、主婦の方とのコミュニケーションが多くなります。主婦の方の中には女性の職人の方が「親しみやすい」「声をかけやすい」と安心感を持って下さる方も多いようです。

 ーー女性が多いことで、会社の雰囲気は変わりましたか?

 コミュニケーションによってお客様からの意見がさらに入ってくるようになりました。男性職人も、言い回しや話し方など学ぶことが多いようです。また、職人同士で日々連絡帳を書くのですが、男性職人が書く内容にも変化が見られました。女性の影響からか、「気遣いのコメント」やイラストなどが増えました。また現場では、女性職人が持ちきれない重いものは男性職人が持つなど、互いに協力する姿が見られます。

 ーー「男性社会」の建設業全体への影響はあるでしょうか?

 女性職人を見ていると、仕事を心から楽しんでいるんだなと感じます。社会の『職人像』も今後変わっていったらいいなと期待しています。今後、女性がより能力を発揮できる職場にしていきたいですね。

ユーコーコミュニティー株式会社
アート塗装の例