WORLD
2020年12月12日 16時57分 JST

「今年の敗者」にトランプ大統領が選ばれる。「自分のことしか考えない」と厳しく批判

選挙の負けを認めようとしないトランプ大統領を、ドイツのニュース雑誌デア・シュピーゲルが「今年の敗者」に認定。厳しい言葉で批判しています

Pool via Getty Images
大統領選での負けを認めていないトランプ氏(2020年11月26日撮影)

タイム誌が「今年の人」にジョー・バイデン氏とカマラ・ハリス氏を選んだの同じ12月10日、ドイツのニュース雑誌デア・シュピーゲルが、トランプ大統領を「今年の敗者」に選んだ。

デア・シュピーゲルは発行部数87万。ドイツで最も読まれている雑誌の一つだ。

今年の敗者」記事の筆者、ローランド・ネルス氏とラルフ・ノイキルフ氏は、トランプ氏が大統領選挙で負けを認めないことを批判している。

「トランプ氏は決して公共の利益のことを気にかけない。しかしただ一つ気にかけていることがある――自分自身だ」

「彼は負けを認めず、全く証拠がないのに選挙で不正があったと主張した。それは驚きではないだろう。トランプ大統領の任期は、始まった時と同じように良識と尊厳がないまま終わることになる」と、手厳しい言葉が並ぶ。

また、共和党に対しても「かつてエイブラハム・リンカーンが誇りに思っていた党は、意気地のないイエスマンの集団になってしまった」と厳しく批判している。

ドイツでトランプ大統領を支持する人は少ない。2019年のピュー・リサーチ・センターの調査では、85%近くのドイツ人が「トランプ大統領を信頼していない」と回答した。 

デア・シュピーゲルのトランプ氏批判は今回が初めてではない。

同誌は2018年、トランプ氏に見立てた中指を立てたイラストを掲載。指の横には「さようならヨーロッパ」という言葉が書かれていた。

この号でデア・シュピーゲルは、イラン核合意離脱など、他国との協調を無視するトランプ大統領を「破壊することだけに長けている」「私たちが知っていた西側諸国はもう存在しない。トランプ氏が破壊したものについて、言い過ぎるということはない」と批判し、ヨーロッパは抵抗するべきだと訴えた

ハフポストUS版の記事を翻訳しました。