NEWS
2020年01月15日 11時31分 JST

坪内祐三さん、61歳で死去。エッセーや書評で人気の評論家

著書に「ストリートワイズ」「靖国」などがあり、週刊文春「文庫本を狙え!」などを連載中だった。

朝日新聞社
評論家の坪内祐三さん=2015年撮影

評論家の坪内祐三さん死去 61歳 エッセーや書評人気

 評論家の坪内祐三(つぼうち・ゆうぞう)さんが13日、心不全で死去した。61歳だった。通夜は22日午後6時、葬儀は23日午前9時30分から東京都渋谷区西原2の42の1の代々幡斎場で。喪主は妻文子(あやこ)さん。

 1958年、ダイヤモンド社元社長の坪内嘉雄さんの長男として生まれた。雑誌「東京人」編集者を経て独立。コラム、書評、評論など執筆活動を始める。夏目漱石や南方熊楠ら同年生まれの青春時代をたどる2001年の「慶応三年生まれ 七人の旋毛(つむじ)曲(まが)り」で講談社エッセイ賞を受賞した。03年から15年にかけて季刊雑誌「en(エン)―taxi(タクシー)」に福田和也さんやリリー・フランキーさんらと責任編集として関わった。

 著書に「ストリートワイズ」「靖国」「古くさいぞ私は」「人声天語」などがある。また、「酒中日記」などの日記エッセーも数多く手がけた。週刊文春「文庫本を狙え!」などを連載中だった。

(朝日新聞デジタル 2020年01月14日 20時37分)

関連ニュース