NEWS
2019年09月08日 12時35分 JST

【台風15号】首都圏などで「記録的な暴風」の恐れ。気象庁が警戒呼びかける

台風15号は、9月8日夜遅くから9日明け方に関東地方か東海地方に上陸する進路予想だ。

気象庁公式サイトから
台風15号の進路予想

気象庁は9月8日午前11時時点の、台風15号の最新の見通しを発表した

強い台風15号は、8日夜遅くから9日明け方には関東地方か東海地方に上陸し、9日昼前にかけて関東甲信地方を通過する見込みだ。

急激に雨と風が強まり、猛烈な風が吹き、首都圏を含めて記録的な暴風となるおそれがあるという。

風で飛ばされそうな物を家の中へしまったり、物が飛んでくる場合に備え、カーテンやブラインドを下ろしておいたりする準備も重要だ。

気象庁は、暴風、うねりを伴った高波、大雨による土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒するほか、落雷、竜巻、激しい突風にも十分注意し、交通障害や停電などにも留意するように呼びかけている。

すでに、東海道新幹線の一部運休が決定するなど、交通機関への影響も出始めている。

 

■暴風の見通し

静岡県と関東甲信地方では8日夕方以降に暴風が吹き始め、9日にかけて猛烈な風が吹き、首都圏も含め、記録的な暴風となるおそれがある

東北地方でも9日明け方から、海上を中心に暴風となり、猛烈な風が吹く見込みだ。

・9日までに予想される最大瞬間風速

東海地方、伊豆諸島、関東地方
60メートル

東北地方
45メートル

・暴風の吹き始めるタイミング

東海地方 8日夕方から
関東地方 8日夜のはじめ頃から
東北地方 9日明け方から

 

■大雨の見通し

東海地方と関東甲信地方、東北地方では、台風本体と周辺の雨雲により、急激に大荒れとなり、8日から9日にかけて雷を伴う非常に激しい雨が降り、局地的には1時間80ミリ以上の猛烈な雨となる見込みだ。

気象庁
台風15号にともなう24時間雨量の予想