台風26号(イートゥー) 「猛烈な勢力」に発達する予想

西寄りに進むか、北東に進路を変えるのか…

23日(火)3時現在、台風26号はトラック諸島近海を発達しながら時速30kmで西北西に進んでいます。

中心付近の気圧は985hPa、最大風速は30m/sとなり、暴風域を伴うようになりました。

ウェザーニュース
ウェザーニュース
ウェザーニュース

▼台風26号 10月23日(火)3時

存在地域 トラック諸島近海

大きさ階級 //

強さ階級 //

移動 西北西 30 km/h

中心気圧 985 hPa

最大風速 30 m/s (中心付近)

最大瞬間風速 40 m/s

ウェザーニュース
ウェザーニュース
ウェザーニュース

このあとも台風26号は、北西方向に進む予想です。海面水温の高い海域を進むことでさらに発達し、26日(金)朝には猛烈な勢力になる見込みです。

ウェザーニュース
ウェザーニュース
ウェザーニュース

その後については、まだ進路が定まっていません。

世界各国の気象機関のモデル予測を見ると、そのまま西寄りに進路を取ると予想しているものと、北東の方へ進路を変えていくと予想をしているものがあります。

ウェザーニュースでは、引き続き状況の監視を行い、新しい情報が入り次第お伝えします。

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風26号のイートゥー(Yutu / 玉兎)は、中国が提案した名称で、民話に登場する月のうさぎのことです。

ホームページへ