NEWS
2019年09月08日 17時32分 JST

【台風15号】関東直撃へ。暴風警報発表で休校の可能性も?

実際の発表状況や休校状況については、各機関でご確認ください。

ウェザーニュース

2019/09/08 13:03 ウェザーニュース

今夜遅く、台風15号が関東もしくは伊豆半島に接近・上陸する予想となっています。

週明けの朝にかけて影響が出ることで、関東や東北太平洋側の学校が休校になるおそれがあります。

 

暴風警報による休校の可能性

ウェザーニュース
気象庁の台風進路予報の暴風警戒域を参考にした9日(月)朝7時時点の暴風警報の可能性

各学校法人によって休校基準は異なりますが、最も多い基準が『登校時間帯』に『暴風警報が発表』されている場合です。

台風15号の影響は、月曜日の朝の時点では関東南部ではピークを過ぎ、関東北部から東北南部がピークになっていると見られます。このため関東南部では、登校時間帯は暴風警報が段々と解除される段階にあり、東京・埼玉・神奈川は7時時点が暴風警報を解除するかどうかの境目の時間に当たると見られます。

一方、千葉では東京湾を渡る南西風が強く吹くため、他県に比べて解除が遅れる可能性が高いと見ています。

関東北部から東北南部にかけては、登校時間帯がまさに台風の影響が大きい時間帯と重なると考えられます。

その中でも、群馬県は台風の進行方向の西側に位置するため、東側と比較すると風の強まりがやや抑えられ、また内陸の地形摩擦により広範囲で暴風が吹きにくいことから、朝7時の時点で暴風警報は出ていない可能性があります。

なお、岩手で沿岸部を中心に雨風が強まるのは午後と見られ、こちらも朝7時の時点で暴風警報は出ていない可能性があります。

ただし、これらは9月8日(日)11時現在の気象庁発表の台風の進路予報と暴風警戒域を参考に作成した可能性の示唆であるため、実際の発表状況および休校状況については、各機関でご確認ください。


>>最新の注意報・警報の発表状況
>>交通機関への影響はこちら