NEWS
2019年10月13日 16時09分 JST

「一部の線区では甚大な被害」 JR東日本が5つの被害状況を発表。「災害対策本部」を設置

長野新幹線車両センターが浸水したほか、橋の一部が流出するなどしている。

JR東日本は10月13日、台風19号の影響で「一部の線区では甚大な被害」が出ていることを発表した

運転再開までは時間がかかることが見込まれるといい、JR東日本は「災害対策本部」を設置し、復旧作業に努めている。

JR東日本が発表した、主な被害状況は以下の5つ。

 

①北陸新幹線 長野新幹線車両センター(長野市)浸水 

JR東日本発表資料から

②中央本線 梁川(山梨県大月市)~四方津(山梨県上野原市)間 土砂流入

JR東日本発表資料から

③両毛線 大平下(栃木市)~栃木(同)間 永野川橋りょう 橋台背面流出

JR東日本発表資料から

④水郡線 袋田(茨城県大子町)~常陸大子(同)間 第六久慈川橋りょう 橋桁流出

JR東日本発表資料から

⑤横須賀線 武蔵小杉駅(神奈川県川崎市) 駅構内冠水

 

JR東日本発表資料から