WORLD
2019年04月24日 15時04分 JST

交通事故で約30年間、昏睡状態だった女性。意識を回復

息子が喜びを語る 「何年もの間、医師から望みはなく治療は無意味だと言われてきました」

Virojt Changyencham via Getty Images
病院での患者の様子 イメージ写真

1991年から植物状態にあったUAE(アラブ首長国連邦)の女性が、意識を完全に取り戻した。

ムニラ・アブデューラさんは、28年前の交通事故で脳に重傷を負った。乗っていた車にスクールバスが衝突した時、当時32歳だった彼女は息子を守るように抱いていたそうだ。

何年もの間、目を覚ます兆候はなかったという。しかし、ドイツで理学療法と投薬を受け、昨年から少しづつ反応を見せるようになったという。

彼女の息子、オマー・ウェバーさんはUAEのThe National紙に「私は1度も諦めなかった。ずっと...いつか必ず目を覚ます気がしていたから」と話した。

「私がこの話をするのは、愛する人への希望を絶対に捨てないで、このような状況でも死んだなんて思わないで、と伝えたいからです」

「母は僕と一緒に後部座席に座っていました。車が突っ込んでくるのを見た母は、僕を抱いて打撃から守ってくれたのです」

オマーさんは軽傷で済んだが、母親は脳損傷を受け、そしてそれは何時間も手当てされなかった。

最終的に病院に搬送されたが、その後専門家による治療を受けるため、ロンドンに移送された。

医師らは、彼女は最小限の意識状態、昏睡状態に近いが痛みには反応する状態になると宣告した。

ムニラさんはその後UAEに帰り、何年もの間、チューブで栄養を摂り、運動不足による筋肉衰弱を止めるために理学療法を受けてきた。

そんな中、2017年にUAEの首都アブダビの政府機関から、ムニラさんをドイツに移送する為の補助金が出た。

だいぶ短くなってしまった手足の筋肉の矯正手術を受け、状態を改善するための薬を与えられた。

 約1年後、おかしな音を出し始め、3日もしないうちに息子のオマーを名前で呼んだ。

彼は「母だ!母が僕の名前を呼んだんだ!私は喜びで舞い上がりました。何年もの間この瞬間を夢見てきました。そして、母から最初に出てきた言葉は僕の名前だったのです」

ムニラさんは今、アブダビに戻り、家族と暮らしながら治療を続けている。

オマーさんは「何年もの間、医師から望みはなく治療は無意味だと言われてきました。迷った時はいつもこれがもし逆だったら?と考え、彼女の状態を改善するためなら何でもやりました」

ハフポストUK版の記事を翻訳しました。