WORLD
2019年03月14日 13時50分 JST

空母「ワスプ」を深海で発見。故ポール・アレン氏の調査チーム(動画・画像集)

「ポール・アレンのアメリカ史を探求する情熱は、今も生き続けています」

U.S. Navy
1942年9月15日、魚雷が命中して炎上する空母「ワスプ」

死せるポール・アレン、深海の空母を見つける…。

太平洋戦争で沈没したアメリカの空母「ワスプ」がオーストラリア北東にある珊瑚海の水深4200メートルの海底で見つかった。

発見したのは、2018年10月に亡くなったマイクロソフトの創業者、故ポール・アレンさんの財団「バルカン」だ。バルカンの公式Twitterで3月13日に発表された

5インチ砲や錨、艦載機「TBF アヴェンジャー」などの撮影に成功した。

Vucan Inc./navy.mil
Vucan Inc./navy.mil
Vucan Inc./navy.mil

 

■ワスプとは?

アメリカ海軍の公式サイトによると、今回見つかった空母ワスプは、正式名称「USS Wasp, CV-7」だ。バルカンの探査船「RV ペトレル」が1月14日に発見したという。

太平洋戦争中の1942年9月15日、日本海軍の潜水艦「伊19」が放った魚雷が原因で沈没。乗船していた2162人のうち、176人がこの攻撃の結果、亡くなったという。

 

■ポール・アレンさんとは?

アレンさんは1968年、学生時代にビル・ゲイツさんと出会い、1975年にマイクロソフトを共同で設立した。MS-DOSの開発に関わった。

生前のアレンさんの総資産は203億ドル(約2兆2700億円)。豊富な資金を活用した投資活動と並んで、慈善活動家や探検家としても活躍。2015年3月には、アレンさんの財団「バルカン」の深海調査チームが、シブヤン海の海底で日本海軍の戦艦「武蔵」。2017年8月には、米海軍の重巡洋艦「インディアナポリス」を発見していた。

アレンさんの死後もバルカンは調査を続けており、2019年2月にはソロモン諸島のサボ島北西の海域で日本海軍の戦艦「比叡」の撮影に成功している。

バルカンの海底調査を指揮するロバート・クラフトさんは「ポール・アレンのアメリカ史を探求する情熱は、今も生き続けています。彼は、アメリカのために戦った勇敢な人々に栄誉を与えるために生涯を捧げました」と、アメリカ海軍にコメントしている。

 

■ポール・アレン氏の財団が撮影した海底に沈む「ワスプ」の動画