NEWS
2020年06月03日 17時38分 JST

熱中症対策の水分補給、「水分だけ」では脱水状態を解消できない...?

日毎の気温変化もあるこの時期は、真夏の暑さじゃなくても熱中症が心配です。実は「水分」だけを摂取しても脱水状態を解消することはできないのです。

ウェザーニュース
イメージ画像

雨の季節に差し掛かり、だんだんと暑い日や湿度の高い日が増えてきています。日毎の気温変化もあるこの時期は、真夏の暑さじゃなくても熱中症が心配です。

「熱中症対策にこまめな水分補給」という言葉をよく耳にしますが、実は「水分」だけを摂取しても脱水状態を解消することはできないのです。

汗をかいたら塩分(ナトリウム)補給も重要

 

ウェザーニュース
大塚製薬HPより

私たちの体には、たくさんの水分が含まれています。生命を維持するためには、この水分を一定に保つことが必要になりますが、暑さによる発汗などで水分がある一定量よりも減少すると、脱水症状となり熱中症や熱射病へと繋がる恐れがあります。

汗をかいた肌をなめると塩辛い味がすることからわかるように、汗には塩分(ナトリウム)が含まれています。

大量に汗をかいてナトリウムが失われたとき、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まり、これ以上ナトリウム濃度を下げないために水を飲もうとする気持ちがなくなります。同時に余分な水分を尿として体の外に排出。この状態になると汗をかく前の体液の量を回復できなくなり、運動能力が低下し、体温が上昇して、熱中症の原因となります。

塩分(ナトリウム)と糖分を含んだ水分補給が効率的

 

ウェザーニュース
イメージ画像

熱中症予防の水分補給として、日本スポーツ協会では、0.1~0.2%の食塩(ナトリウム40~80mg/100ml )と糖質を含んだ飲料を推奨しています。特に1時間以上運動をする時は4~8%の糖質を含んだものを摂取しましょう。冷えたイオン飲料や経口補水液の利用が手軽ですが、自分で調製するには1リットルの水、ティースプーン半分の食塩(2g)と角砂糖を好みに応じて数個溶かしてつくることもできます。

長時間運動を続ける場合には、ナトリウム濃度をやや高くすることが必要です。トライアスロンなど長時間の運動では、血液のナトリウム濃度が低下して、熱けいれんが起こることが報告されています。

また、糖を含んだ飲料の方が、腸管での水分吸収を促進することが挙げられます。主要な糖であるブドウ糖は、腸管内でナトリウムが同時にあると速やかに吸収。そして、それらに引っ張られ水分も吸収されるというのがそのメカニズムです。

のどに渇きを感じたときには、すでに体内の水分は減り始めています。そのため「こまめな水分補給」が必要になるんですね。

また、特に子供は体から出ていく水分量が多く自分自身で気づきにくいため、まわりの大人が十分にしてあげるようにしてください。
» ウェザーニュースのニュース一覧

参考資料など

大塚製薬HP「熱中症からカラダを守ろう」
https://www.otsuka.co.jp/health-and-illness/heat-disorders/