NEWS
2020年08月18日 10時05分 JST

40℃に迫る酷暑も。西日本・東海・甲信などで35℃以上の猛暑日に【8月18日(火)の天気】

東京都や神奈川県など1都4県には、熱中症警戒アラートが発表されました。

2020/08/18 07:15 ウェザーニュース

今日18日(火)も、西日本や東海、甲信を中心に、35℃以上の猛暑日となるところが多くなります。
昨日に引き続き、40℃に迫る猛烈な暑さになるところがある予想です。熱中症に厳重に警戒をしてください。
>>今いるところの天気・気温

一部では40℃に迫る予想 猛烈な残暑に

ウェザーニュース
気温の予想 18日(火)14時

東海や甲信から西のエリアでは、最高気温が35℃を超える予想のところがほとんどとなります。高気圧の中心が西側に移動したこともあり、九州などでは40℃に迫る、猛烈な暑さとなる見込みです。

東海から西のエリアでは、鳥取県と奄美地方、宮古島地方を除く26府県に高温注意情報が発表されており、外にいる時はもちろん、室内にいても熱中症の危険が非常に高くなります。

<今日の予想最高気温(18日7時発表)>
39℃:久留米(福岡)、日田(大分)、熊本、都城(宮崎)
38℃:多治見(岐阜)、坂出(香川)、福山(広島)、山口、佐賀 など

>>今いるところの1時間ごとの熱中症危険度を確認

熱中症に厳重警戒

ウェザーニュース
暑さ指数(WBGT) 18日(火)14時の予想

暑さ指数を示すWBGTの予想では、今日も関東から西のエリアでは赤色の「危険」を示すところが多く、さらに危険とされる紫色で示されているところも東海から西のエリアでは多くみられます。

関東甲信では変わりやすい天気で、昨日よりも雲が多くはなりますが、厳しい蒸し暑さとなります。そのため、東京都や神奈川県など1都4県には、熱中症警戒アラートが発表されました。

こまめに水分補給したり適切にエアコンを使用するなど、熱中症に十分な警戒が必要です。外に出る際は、日陰を選んで歩いたり、日傘や帽子を使用するなど、直射日光を避けるようにしてください。

また、マスクの着用も放熱を妨げることに繋がります。周囲の人との距離を確保できるところでは、マスクを外すことも検討してください。

>>熱中症レーダーで暑さ指数を確認

熱中症レーダーで暑さ指数をチェック

ウェザーニュース
熱中症レーダー

ウェザーニュースのスマートフォンアプリでは、「熱中症レーダー」で熱中症予防の目的でつくられた指標「暑さ指数(WBGT)」をマップで確認できます。
警戒(WBGT25℃〜)・厳重警戒(28℃〜)・危険(31℃〜)に加え、「熱中症警戒アラート」レベル(33℃〜)の4段階で表示され、その日の熱中症の危険度がひと目でわかります。

ウェザーニュース会員になると、24時間先までの予想もご覧いただるようになるので、勤務先や移動先の予想も確認することができます。
熱中症の危険性が非常に高い予報が出ている場合は、外出を避けて冷房の効いた涼しい室内で過ごすようにするなど、対策にお役立てください。
>>熱中症レーダーを見る
>>アプリをダウンロードして見る

【関連記事】

傘マップ 8月18日(火) 傘が必要なエリア
フィリピンでM6.9の地震 日本への津波の影響なし
週間天気 21日(金)にかけて熱中症警戒&ゲリラ豪雨の可能性
今日18日(火)の天気 東海以西は40℃近い酷暑 関東は変わりやすい天気
8月18日(火)朝のウェザーニュース・お天気キャスター解説