NEWS
2020年06月11日 09時57分 JST

【大雨に警戒】九州で激しい雨 週末にかけては広範囲で

大規模な土砂災害や河川の増水、氾濫につながるおそれがあるので、厳重な警戒が必要です。

2020/06/11 07:53 ウェザーニュース

今日10日(水)は朝から九州を中心に雨が強まっています。明日にかけては1時間に50mmを超えるような非常に激しい雨のおそれがあり、道路冠水や河川の増水に警戒が必要です。

また、梅雨前線が北上することにより、週末にかけて広範囲で大雨に警戒してください。

九州では1時間に30mmを超える雨を観測

ウェザーニュース
雨雲レーダー

梅雨前線に向かって雨雲のもととなる、暖かく湿った空気が次々に流れ込んで、九州北部を中心にで雨雲が発達しています。
7時20分までの1時間に長崎では36.5mm、雲仙岳では34.5mmの激しい雨を観測しました。

また、7時40分現在、熊本県の一部には大雨警報思発表されています。
>>最新の雨雲レーダー

明日にかけて1時間に50mm超の非常に激しい雨のおそれ

ウェザーニュース
雨の予想 11日(木)13時

このあとも、西日本や東海、北陸など梅雨前線の周辺では、1時間に50mmを超える非常に激しい雨が降り、局地的には80mmの猛烈な雨となるおそれがあります。

短時間の強い雨によって、道路冠水が発生したり、比較的小さな河川が急激に増水、氾濫するおそれがあります。

ウェザーニュース
梅雨前線に伴う雨風ピーク

>>GPS検索 ピンポイント予報

週末まで大雨警戒 総雨量は300mmを超えるところも

ウェザーニュース
14日(日)9時までの予想降水量

梅雨前線は南北に移動しつつ、週末にかけて日本列島に停滞します。特に暖かく湿った空気が流れ込みやすい、九州の東シナ海側や四国、紀伊半島の一部、岐阜県から静岡県にかけては雨の量が多くなり、総雨量が300mmを超える大雨になる見込みです。

大規模な土砂災害や河川の増水、氾濫につながるおそれがあるので、厳重な警戒が必要です。避難の必要がある場合は、可能な範囲での感染症対策も行うようにしてください。
>>大雨影響ピンポイント予測〔会員メニュー〕

【関連記事】

コロナ禍中の大雨災害時、避難する際の持ち物や注意点は
傘マップ 6月11日(木) 傘が必要なエリア
週間天気 週末にかけて西日本や東海、北陸で大雨に警戒
6月11日(木)朝のウェザーニュース・お天気キャスター解説
今日11日(木)の天気 西日本や東海で大雨に警戒 関東など梅雨入りへ