NEWS
2019年12月02日 13時23分 JST

【12月が到来】本格的な冬の寒さ 気温別コーディネートで寒さ対策を

年末の忙しさで体調を崩しやすい時期、上着だけでなく冬用小物も上手に活用しましょう。

ウェザーニュース

2019/12/02 05:59 ウェザーニュース

早いもので、今年も残すところあと1か月。

 この時期は寒さが厳しくなってくると共に、年末の挨拶回りやクリスマスイベントなどで外出する機会も多くなります。

 毎日のコーディネートに失敗しないよう、ぜひ服装と気温の関係を参考にしてみてください。

平年の12月の気温

ウェザーニュース
気象庁データをもとにウェザーニュースが作成

平年の12月の気温を見てみると、札幌では朝は氷点下、昼間も5℃に届かない日が多くなります。

東京、名古屋、大阪、福岡など西日本や東日本の市街地でも、朝は5℃前後、昼間も10℃そこそこです。

晴れれば日差しの温もりを感じられるものの、本格的な冬らしい寒さとなります。 

>>この先の天気と気温

<気温別>オススメの服装

ウェザーニュース

 ■20℃未満カーディガン

長そでシャツの上にベストや薄手のカーディガンなど、羽織るものが活躍。

■16℃未満セーター

日向では暖かさを感じるくらい。ふんわりセーターで身軽にお出かけ。

<<天気別の組み合わせ例>>

晴れの場合

・長袖Tシャツ、長袖シャツ、セーター(薄手)

くもりの場合

・長袖Tシャツ、長袖シャツ、ジャケット

■12℃未満トレンチコート

風が吹くと体が冷えてしまいそう。風を通さないコートで防寒を。

<<天気別の組み合わせ例>>

晴れの場合

・長袖Tシャツ、長袖シャツ、ベスト、トレンチコート

くもりの場合

・長袖Tシャツ、長袖シャツ、セーター(厚手)、トレンチコート

■8℃未満冬物コート

まだまだ「冬」を感じる冷たい空気から、厚手のコートでしっかり体を守ろう。

<<天気別の組み合わせ例>>

晴れの場合

・長袖Tシャツ、長袖シャツ、ベスト、冬物コート

くもりの場合

・長袖Tシャツ、長袖シャツ、セーター(厚手)、冬物コート

■5℃未満ダウンコート

手袋や耳あてで肌という肌をしっかりガード。ダウンなど最大級の防寒対策を。

<<天気別の組み合わせ例>>

晴れの場合

・セーター(薄手)、ダウン

くもりの場合

・長袖Tシャツ、長袖シャツ、セーター(薄手)、ダウン

前日から気温チェックで対策を

朝、気持ちよく出社するには前日に服装を考えておくのも良いですね。

朝の気温だけで慌てて服を選んで、昼間に失敗!なんてことの無いように、前日からしっかり朝・昼・夜の気温をチェックしておくのがおすすめです。

年末の忙しさで体調を崩しやすい時期でもあるので、上着だけでなく冬用小物も上手に活用しつつ、しっかり寒さ対策をしてお過ごしください。

>>ここの天気や気温をチェック

関連記事