2019年08月13日 10時22分 JST | 更新 2019年08月25日 19時26分 JST

「女性活躍」と聞いてイメージすることって?(調査結果)

約5割の人が、「女性であることが、仕事に影響を及ぼしている」と回答しています。

Getty Images
イメージ画像

正社員勤務を希望する女性向け求人情報サイト『エンウィメンズワーク』上で、「女性活躍」をテーマにアンケートを実施、女性357名から回答を得ました。以下、結果をご報告いたします。

調査結果 概要

★ 仕事における女性活躍のイメージ、トップ3は「管理職として意思決定の場に参加すること」「仕事で成果を挙げていること」「仕事と子育てを両立していること」。

★ 仕事で活躍を実感する瞬間、第1位は「自分がした仕事を認められた・褒められたとき」。

★ 5割が「女性であることが、仕事に影響を及ぼしている」と回答。良い影響より、悪い影響が上回る結果に。

調査結果 詳細

1:仕事における女性活躍のイメージ、トップ3は「管理職として意思決定の場に参加すること」「仕事で成果を挙げていること」「仕事と子育てを両立していること」。 (図1)

「仕事における“あなたにとっての女性活躍”とは、どのような活躍のことを指していますか?」と伺うと、トップ3は「管理職として意思決定の場に参加すること」(55%)、「仕事で成果を挙げていること」(53%)、「仕事と子育てを両立していること」(48%)でした。仕事も家庭も諦めず、充実している姿を思い描く方が多いようです。 

【図1】仕事における“あなたにとっての女性活躍”とは、どのような活躍のことを指していますか?(複数回答可)

ENJAPAN

2:仕事で活躍を実感する瞬間、第1位は「自分がした仕事を認められた・褒められたとき」。 (図2)

「仕事をしていて、どのような時に“活躍”していると感じますか?」と伺ったところ、トップ3は「自分がした仕事を認められた・褒められたとき」(69%)、「達成感を味わえたとき」(45%)、「仕事を通じて成長したと感じたとき」(41%)でした。

【図2】仕事をしていて、どのような時に“活躍”していると感じますか?(複数回答可) 

ENJAPAN

3:5割が「女性であることが、仕事に影響を及ぼしている」と回答。良い影響より、悪い影響が上回る結果に。(図3、図4)

「自身が女性であることにより、仕事の機会に影響があったことはありますか?」と伺ったところ、46%が「あった」と回答。さらに、「影響があった」と回答した方に、影響の良し悪しを聞いたところ、「悪い影響」(63%)が「良い影響」(13%)を大きく上回りました。

【図3】自身が女性であることにより、仕事の機会に影響があったことはありますか?

 

ENJAPAN

【図4】「自身が女性であることが、仕事に影響があった」と回答された方に伺います。その影響は良いものでしたか?

ENJAPAN

【調査概要】
■調査方法:インターネットによるアンケート
■調査対象:『エンウィメンズワーク』を利用する女性
■有効回答数:357名
■調査期間:2019年5月16日~6月12日

【関連記事】

【関連リンク】

「女性活躍」と聞いてイメージすることって?(調査結果)女性の転職・女性歓迎の求人なら【エン転職 WOMAN】|エンジャパン
「女性活躍」と聞いてイメージすることって?(調査結果)女性歓迎!土日祝休みの転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職 WOMAN
「女性活躍」と聞いてイメージすることって?(調査結果)女性歓迎!18時までに退社可能の転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職 WOMAN
「女性活躍」と聞いてイメージすることって?(調査結果)女性歓迎!平均年齢20代の転職・求人情報なら、【エンジャパン】のエン転職 WOMAN