2021年10月01日 12時01分 JST | 更新 2021年10月01日 12時02分 JST

ピアニスト辻󠄀井伸行さんインタビュー「ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う」

「よく食べて、よく寝て、運動もするよう心掛けています」と健康管理の大切さを語る辻󠄀井さん。

幼少の頃からピアノの才能に恵まれ、言葉を覚えるよりも先に音楽で表現することが得意だったという辻󠄀井伸行さん。辻󠄀井さんは小眼球症で、生まれつき全盲の視覚障がいがあります。ですが、好奇心の赴くままにさまざまなことに挑戦し、ピアノにおいても果敢に大舞台に挑んでは、着実にプロの道を切り拓いてきました。そんな辻󠄀井さんが今、プロとして思うこと、そして挑戦したいこととは―?

無謀に思えた17歳の挑戦が4年後の大舞台での快挙に

小さな頃からピアノが大好きで、物心つく前からピアノはもう自分の体の一部のような存在でした。ピアニストに憧れたのは、小学校に入学した頃。小学5年生でピティナ・ピアノコンペティション)に優勝し、「絶対にピアニストとして活躍する」と決意しました。

2005年、17歳の時にショパン国際ピアノ・コンクールに参加しました。ピアノの先生には「まだ早い」と止められましたが、僕は入賞を狙うことよりも、とにかく大好きなショパンの生まれた土地で演奏してみたかったんです。セミファイナルでは、納得のいく演奏ができ、ポーランドのお客さまも本当に喜んでくださいました。ですが、ファイナリストに選ばれることはなく、非常に悔しい思いをしました。ただ、そうした悔しさもいつかは経験しなければいけないものです。コンクールの難しさも知り、この時の挑戦が4年後のヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールの優勝につながったと思っています。

ヴァン・クライバーン・コンクールは、仕上げなければいけない曲があまりに多く、死ぬ気で練習しました。その結果、本番ではアメリカの人たちの温かいホスピタリティにも助けられ、心から楽しんで弾くことができました。優勝でき、思い切って参加して本当に良かったと思っています。

2009年6月「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人として初優勝

挑戦の積み重ねによって磨かれた唯一無二の表現力

僕は「できない」ことがすごく悔しいんです。負けず嫌いなので、できるまで練習して、達成感を得たい。ですから、何にでも挑戦しますし、悩む時間があるなら、今すぐ行動に移したほうがいいと考えます。

そうした前向きな性格は、母に似たのだと思います。母は本当に明るくポジティブで、僕にいろいろな経験をさせてくれました。スキーや登山、乗馬もしましたし、美術館や花火にも連れて行ってもらいました。そんなふうに経験し、感じたことは、音楽の表現において大きなプラスとなっています。

気持ちの切り替えも早く、ストレスやプレッシャーを感じることもあまりありません。とはいえ、プロとしての緊張感は常にあります。公演に穴を開けられないのはもちろん、最高のパフォーマンスを発揮するためには、万全の状態で臨まなければなりません。また、どれほど準備をしても、ピアニストは自分の楽器を持っていけませんし、環境の良いホールばかりとも限りません。どんな状況であっても、良い演奏を届けられる対応力も必要です。一回一回が本当に勝負なんです。    

お客様の様子は、空気感でわかります。集中して聴いてくださっている時は、張り詰めた空気を感じますし、音楽と一体になって乗ってくださっている時は僕も楽しんで演奏しています。また、その場の雰囲気から、思いもつかなかったアイデアが湧いてくることもあります。準備が大変であっても、ものすごく集中して疲れても、お客様の拍手を浴びる時は本当に幸せな瞬間です。それが「また頑張ろう」という力につながっています。

ストレスフリーな状態と良質な睡眠が集中力を養う

健康管理は一番重要です。普段からよく食べて、よく寝て、運動もするよう心掛けています。緊張と集中が続くツアー中は気分転換も大切で、散歩をしたりしてリフレッシュしています。僕の場合、ピアノを弾くことがストレス解消にもなっていますが、健康状態が良いのは、集中する時と休む時の切り替えがはっきりしているからかもしれません。

実は以前から、健康のために「ヤクルト」もよく飲んでいます。今回「Yakult(ヤクルト)1000」には一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレスを和らげ、睡眠の質を高める機能があると聞きました。そうした機能がありながら、おいしいのもいいですし、毎日続けたいなと思います。

ピアノ曲は無数にあります。今後、もっとレパートリーを増やしていきたいですし、表現も深めていきたいと考えています。作曲家の思いを楽譜から読み取り、再現するのがクラシック音楽家の役目ですが、そこに自分にしか出せない表現を融合させて、より作品の良さを伝えていきたいですし、多くの方に音楽の素晴らしさを感じていただける音を奏で続けたいと願っています。

つじい・のぶゆき 1988年東京都生まれ。2009年6月、「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」で日本人として初優勝して以来、国際的に活躍中。ニューヨークのカーネギーホールの主催公演、イギリス最大の音楽祭「プロムス」でのBBCフィルとの出演、ウィーン楽友協会やベルリン・フィルハーモニー、パリのシャンゼリゼ劇場などの世界の著名なホールでの演奏会はいずれも絶賛され、ゲルギエフやアシュケナージなどの世界的指揮者との共演も常に高い評価を受けている。CDも積極的に発表し、2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞。作曲家としても高い人気を誇り、映画「神様のカルテ」で「第21回日本映画批評家大賞」を受賞したほか、数多くの映画やドラマのテーマ曲を手掛けている。

***

以前から、健康のために「ヤクルト」を飲んでいるという辻󠄀井さん。

「Yakult(ヤクルト)1000」は、1本(100ml)に「乳酸菌 シロタ株」を1,000 億個含んでおり、一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレスをやわらげ、睡眠の質(眠りの深さ、すっきりとした目覚め)を高める機能が確認されています。1日1本でできる健康管理を、ぜひあなたも。

商品情報 :『Yakult(ヤクルト)1000』(機能性表示食品)

届出表示:本品には乳酸菌 シロタ株(L. カゼイ YIT 9029)が含まれるので、一時的な精神的ストレスがかかる状況でのストレスをやわらげ、また、睡眠の質(眠りの深さ、すっきりとした目覚め)を高める機能があります。さらに、乳酸菌 シロタ株(L. カゼイ YIT 9029)には、腸内環境を改善する機能があることが報告されています。

・食生活は、主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを。
・本品は機能性表示食品です。特定保健用食品と異なり、消費者庁長官による個別審査を受けたものではありません。
・本品は、疾病の診断、治療、予防を目的としたものではありません。

「Yakult(ヤクルト)1000」ブランドサイト

提供:㈱ヤクルト本社