WORLD
2019年09月02日 18時07分 JST | 更新 2019年09月13日 15時38分 JST

スターになりきれる顔交換アプリ「ZAO」大ヒット後に大炎上。顔のデータを「永久に、取り消し不能」に奪われるおそれ

顔認証の決済システムの実装が進む中国では、顔のデータが流出すると、金銭的な被害につながるおそれがある。

テレビや映画の登場人物と顔を交換できるアプリが人気だ。

AI技術で憧れのスターと“共演”できることもあり人気を呼んだが、アップした顔写真データをアプリ側が所有するとした規約に注目が集まった。

顔認証で支払いができるシステムが一部で実装されている中国では、顔のデータが流出すれば、金銭的な被害につながるおそれもあり、アプリへの批判が殺到している。

ZAOの公式ウェイボーより
ZAOのアプリ説明

■人気爆発も...露見した危うさ

中国のアプリ「ZAO」は、自分の顔写真をアプリに登録すると、AI技術を駆使して、現地で人気のあるドラマや映画の登場人物の顔を自分のものに変えてくれるもの。

現地メディアTechwebによると、自分が物語の登場人物になりきり、憧れの役者やアイドルと画面内で共演できるとあって、人気が急上昇。友人間での笑いのタネとしてSNSへの投稿も積極的に行われた。結果、サーバーに負荷がかかりすぎるほどの状態だったという。

しかし大ヒットも束の間、ユーザーの間で不安の声が増大していく。

その1つが著作権。ZAOのアプリ内で提供される動画であっても、自分の顔とすげ替えてネットにアップする行為が著作権違反となる可能性が指摘された。

さらにユーザーの不安を煽ったのが肖像権だ。

ZAOの利用規約には、アップしたデータについて「完全無料、取り消し不能、永久に、譲渡可能な形で」ZAO側に所属することが決められていて、これがネットユーザーの不安を一気に増大させた。

中国では、一部のコンビニや自動販売機などで顔認証を使った支払いが実装されている。カメラの前に立ち顔を読み込むと、自動で決済されるものだが、アプリに受け渡した顔写真データが流出した場合、悪用されて金銭的な被害が生じる可能性があると専門家がメディアで指摘したのだ。

さらに、顔写真を登録する際に、自分自身の顔であることを証明するため、カメラの前で瞬きをしたり、首をひねったりする動作を求められることについて「より詳細な顔のデータが収集される」とされ、ユーザーの不安はさらに広がった。

■アリペイも火消しに

これに対し、ZAOの公式ウェイボーは「皆様のプライバシーへの懸念は十分承知しております。考えの至らなかった点について改善して参ります。少しお時間をいただきます」などと投稿。批判のあった規約を削除した

ウェイボーより
ZAOの公式ウェイボー

ユーザーからは「アプリを消しても顔のデータはサーバーに残るのか」「最悪のアプリだ」などと批判が相次いでいる。

火消しに追われたのはZAOだけではない。顔認証による決済システムを提供しているアリババ社の「アリペイ」は公式ウェイボーで、仮に顔の情報が流出しても被害はないと説明。

「どんなにリアルな画像でも、顔認証は突破できません。万が一被害があった場合は、保険会社を通じて全額保証されます」と呼びかけた。