BLOG
2015年11月08日 22時27分 JST | 更新 2016年10月08日 18時12分 JST

はじめての子連れ海外旅行...国・エリア選びの3つのポイント

子連れ海外旅行、笑顔がいっぱい溢れる思い出深いものにするには?

こんにちは!

日本最大級ちょっとグローバル志向なママ&キッズのための情報サイトGlolea![グローリア]編集長 内海裕子です。

そろそろ、年末・年始の旅行を検討する時期ではないでしょうか。旅慣れている人でも、初めての子連れ海外旅行や、子連れ海外旅行感覚でワンランク上の滞在型の学び旅を楽しめるということで人気の『プチ親子留学』にトライする時は分からないことだらけで、不安もいっぱいですよね!

今回の記事では、赤ちゃん・幼児・キッズ...子どもと共にママ・パパも楽しめる海外旅行先・プチ親子留学先の選び方をお届けします。

▲家族の笑顔がいっぱい溢れる思い出深い子連れ海外旅行のためにおさえておきたい3つのポイントとは?

■ 子連れ海外旅行の国の選び方

ポイント1:時差が少ない場所を選ぶ 

本来、私達の体は±2時間以上の時差の変動に弱く、時差が大きく変動してしまうと体内時計が崩れ、いわゆる時差ボケ状態に。睡眠・覚醒リズムにも大きく影響が出てしまいます。

赤ちゃんや幼児だけでなく、ちょっと大きくなった小学生のお子様でも時差ボケはツラく、慣れない場所で、お子様がぐずったり、駄々をこねたり...となると親御さんも大変です。また、子ども達は大人と比べて多くの睡眠時間を必要とするので、それも踏まえて、できるだけ普段の生活リズムを崩さない場所やフライト時間を選ぶことができると旅先でもスムーズです。

はじめての子連れ海外旅行デビューは、時差ができるだけ少ないアジアや太平洋地域の国がおすすめです。目安としては±3時間の時差で検討し始めると良いでしょう。

もし、時差のある国への子連れ旅行をご検討されている場合は、旅程にゆとりをもって詰め込みすぎずに計画を立てましょう。

■ ポイント2:直行便がある国・地域を選ぶ

子どもとの海外旅行の場合、できれば乗り継ぎなしの直行便がある国・エリアを選ぶことが出来ると良いですね! 子連れの乗り継ぎは大人にとっても子どもにとっても想像以上に大変です!

■ 時差3時間以内&直行便あり!

人気の子連れ旅行先 国・エリア一覧

はじめての子連れ海外旅行デビューにおすすめの時差±3時間以内、直行便で行ける人気の子連れ海外エリアはあるのでしょうか? 実は、意外と選択肢は豊富にあるのです。下記のリストを眺めているだけでもワクワクしてきてしまいますね!

■ 時差なし0時間の子連れ海外人気エリア

  • パラオ共和国/時差0時間
  • 韓国(ソウル)/時差0時間

■ 時差±1時間の子連れ海外人気エリア

  • オーストラリア(ゴールドコースト・ケアンズ・シドニー)/+1時間 

  • アメリカ(グアム、サイパン島、ロタ島、テニアン島)/+1時間
  • フィリピン(セブ島)/−1時間 

  • インドネシア(バリ島)/−1時間
  • マレーシア(コタ・キナバル)/−1時間
  • シンガポール/−1時間
  • 台湾(台北)/−1時間
  • 香港/−1時間
  • 中国(上海)/−1時間

■ 時差±2時間の子連れ海外人気エリア

  • フランス(ニューカレドニア)/時差+2時間
  • タイ(バンコク・プーケット)/時差−2時間
  • ベトナム(ホーチミン)/時差−2時間

■ 時差±3時間の子連れ海外人気エリア

  • ニュージーランド(オークランド) /時差+3時間

■ ポイント3:フライト時間が短い国・エリアを選ぶ

普段は自由に活発に動き回るのがお仕事の子ども達。飛行機に乗ると、子どもを走り回らせるわけにも行かず、狭い座席の範囲内で子どもの集中力を切らせないような工夫や、すぐに眠ってくれるような工夫をしなければすぐにグズってしまいます...。

※参考 ≫ 子連れ海外旅行「ぐずり対策」おさえておくべき3つのポイント

周りの乗客に迷惑がかからないようにと、気を張っているだけでも到着した頃にはヘトヘトになってしまうということも。はじめての子連れ海外旅行の場合は、できるだけフライト時間が短い国・エリアを選ぶことができるとママもパパもラクです! 

子連れ海外旅行デビューの場合は、目安としては3〜5時間程度のフライト時間以内を目指すことができると良いですね。

■ 時差3時間以内&直行便あり!

フライト時間5時間程度で到着できる人気子連れ旅行先12エリア

上記で挙げた「時差3時間以内&直行便あり!人気子連れ旅行先 国・エリア一覧」の中でもフライト時間5時間程度で到着できるママ・パパ&キッズにおすすめの国・エリアは以下の12都市です。

  • 韓国(ソウル)/約2時間40分
  • 中国(上海)/約2時間半〜3時間
  • アメリカ(グアム・サイパン島・ロタ島・テニアン島)/約3時間30〜45分
  • 台湾(台北)/約4時間
  • 香港/4時間30分〜5時間
  • パラオ共和国/約4時間30分
  • フィリピン(セブ島)/約5時間30分

  • ベトナム(ホーチミン)/約5時間30分

■ まとめ:子連れ海外旅行の国・地域選び必勝法

大人だけの海外旅行と比べて、色々検討事項が多い子連れ海外旅行。子どもの生活習慣が少し崩れるだけでもお子様のにとっての体への負担は大きいものです。はじめての海外で体調を崩してしまった...となってしまっては、楽しい旅行にも色々支障が出てママもパパも大変!

上記でピックアップさせていただいた

1.時差が少ない場所を選ぶ(±3時間程度)

2.直行便がある国・地域を選ぶ

3.フライト時間が短い国・エリアを選ぶ(フライト時間3〜5時間程度)

という3つのポイント&治安情報をおさえて、はじめての子連れ海外旅行が、家族みんなにとって楽しく快適で心地良く...そして、新しい発見にドキドキ・ワクワクが学びもいっぱいの素晴らしい滞在になりますように!

【過去の記事】

 

(本記事は Glolea![グローリア]News トピックスの記事を一部改変して掲載しています。)