BLOG
2018年01月10日 12時22分 JST | 更新 2018年01月10日 12時22分 JST

新年の今こそ、整理整頓を習慣化する年間片づけプランをスタートしよう!

毎月家の中を1ヵ所ずつ整理整頓していく年間プランを考えてみました。

​​​​​今年こそすっきり整理整頓された家に暮らしたいと思うなら、毎月テーマを決めて無理なく家の中を片付けていく年間プランを実行してみてはいかがでしょうか?

1年の始まりは、今年こそ片付いた家で暮らそうという気持ちが湧いてくるもの。逆に、1月が過ぎてしまうとそんな気分もいつのまにか消えてしまいがちです。

そこで、毎月家の中を1ヵ所ずつ整理整頓していく年間プランを考えてみました。学校が始まる時期など、忙しくなりがちな時期はプランなしに設定していますが、ご家庭の予定に合わせて順番を入れ替えたりしてももちろんOK。今年の暮れには家が片付き、もっとひろびろとして住みやすくなっているはずです。

Houzz | Jamie Keskin Design

気分が新鮮な1月のうちに、年間計画をスタートしよう!
1年のはじまりはやる気が湧いているもの。これを活かさない法はありません。週末を2、3回使って、整理整頓を始めましょう。特に気になっているところを最初に片づけてしまえば、整理整頓の波に乗ることができるでしょう。家族にも参加してもらったほうがよいですが、興味をもってもらえない場合は無理強いをしないこと。きれいに片づけられた空間を見ているうちに、自然とやる気を出すようになることもあります。

整理整頓を習慣化するコツ:クローゼットの中に大きめの箱や袋を置いておき、処分するつもりの服を入れていきましょう。

Houzz | CKS Residential

1月:キッチンとパントリー
キッチン、戸棚、パントリー、冷蔵庫の中を徹底的にきれいにしましょう。

  • 使い古してボロボロになった布巾はウェスに
  • 使わない家電やキッチンツールは売るか廃品回収に
  • 使わない鍋や食器は売るか捨てる
  • 景品などでもらって使わないマグ、フタのなくなった保存容器は処分
  • 賞味期限切れの食べ物やスパイスは捨てる

整理整頓を習慣化するコツ:買い物に行く前にパントリーと冷蔵庫をチェックする習慣を身につけると無駄なものを買わなくなります

Houzz | Turner Pocock

2月:ホームオフィス――デジタル&紙の書類
3月の確定申告の前に、デジタルと紙の書類を整理しましょう。

  • 積んだままの書類やファイルを分類し、ファイルするかシュレッダーにかけるか資源ごみに出す。
  • ファイルを整理し、不要な書類を処分
  • 予定を管理するカレンダーは1つで充分
  • 請求書や明細書はできるだけペーパーレス化
  • コンピュータ上のファイルも整理し、必要なものはすべてクラウドストレージか外付けHDにバックアップ

整理整頓を習慣化するコツ:郵便物は玄関口で封をあけ、不要なものはそのままゴミ箱へ

Houzz | Nicole Gibbons Studio LLC

3月:子供部屋を片付ける。作文や作品、DVDや本、CD
学年が終わる3月は、子供が作った作品や作文の整理を。残すべきものを選び、箱やアルバムにしまっておきましょう。

  • 前の学年で子供がつくった作品や作文を取捨選択する
  • DVDや本、CDも見直しをし、不要なものは売るか捨てる
  • おもちゃやゲームも整理。もう使わないものや、大事な部品が欠けてしまったものは処分

整理整頓を習慣化するコツ:新学年になるたびに、箱を用意しておき、子供が作文や作品を持ち帰るたびに入れておきましょう。学年が終わったら、とっておきたいものだけをファイルしてしまっておきます。

Houzz | CG&S Design-Build
Crema Marfil Honed 12x12 floor tile;

4月:玄関や裏口、土間、小物入れの引き出し
学校が始まるこの時期、子供がいてもいなくても、玄関まわりや日用品が散らかりやすい部分を整理します。

  • 玄関や裏口に散らかっているものを片付ける
  • 必要に応じて、フックや棚を増設する
  • 小物入れになっている引き出しは整理ケースや仕切りを買って片付ける。必要に応じて壁掛け収納も増設

整理整頓を習慣化するコツ:1日の終わりに玄関の靴やコートを揃える習慣をつけましょう。

Houzz | Ashley Winn Design

5月:タオル類、ベッドリネン、掃除道具
掃除道具がきちんと使いやすくしまってあると、掃除が苦になりません。シーツやタオルも全部見直して、傷んだものを処分し、スペースをつくりましょう。

  • ボロボロになったりシミがついたりしたタオルや布巾、シーツはウェスなどにして再利用
  • 掃除道具の棚や、シンク下にためこんだ洗剤をチェック。空ボトルや使わないものは処分

整理整頓を習慣化するコツ:傷んだタオルやシーツをゲスト用にするのはNG。自分が使いたいと思える状態のものだけを手元に残すこと。ゲストにはよいものを使ってもらうべきです!

Houzz | Stephanie Schetter

6月:衣替え
秋冬ものの洋服を整理・収納して、春夏ものと入れ替えます。

  • 不要な洋服、靴、アクセサリーのうち、状態の良いものは売るか寄付する
  • 冬ものはしまいこむ前に洗濯・クリーニング
  • 春夏ものは一度袖を通してみて、着る気がしないものは人にあげるか売る

整理整頓を習慣化するコツ:サイズがあわなくなったもの、穴が空いているもの、着ても「気分がときめかない」ものはクローゼットの中の「処分用」の箱かバッグに入れておき、いっぱいになったら処分しましょう。

Houzz | Rock Paper Scissors Landscape Design Build

7月:庭、ガレージ、アウトドアの手入れ用の道具
壊れた道具、不要になった道具は処分

  • ガーデニング用品を分類・整理
  • 壊れたりボロボロになってしまったアウトドア家具を捨てる
  • 不要品を貯めておいた人は夏休みが始まるころにガレージセールを開く。売れ残ったものは寄付するなどして処分

整理整頓を習慣化するコツ:庭やアウトドアで使う道具は床や地面に出しっぱなしにせず、必ずガレージや小屋、棚にしまうこと。そうすれば、いつのまにか庭の片隅にモノの山ができている、なんてことがありません。

Houzz | Annie Hall Interiors

8月:写真
写真の整理が苦手な人は少なくありません。暑くて外出する気のおきない真夏は、家の中でじっくりと写真の整理をし、アルバムづくりなどに取り組むとよいでしょう。

  • 過去1年間でいちばん気に入った写真を選んでプリントし、フレームに入れて飾る
  • デジタル写真は整理してクラウドサービスや外付けドライブなどに保存最近の写真を何枚か選び、アルバムをつくっておく
  • バラバラの写真はアルバムに入れるか中性紙保存箱に入れる

整理整頓を習慣化するコツ:デジタル写真はアップロードしたときにタグ付けする習慣をつけましょう。プリントしたり、お気に入りをまとめたりするときに、時間を節約できます。

Houzz | Holst Brothers General Contractors

9月:洗面室、化粧品や薬の戸棚
洗面室の戸棚や引き出しの中にあるボトルを全部とりだしてチェックします。

  • 使用期限の過ぎた化粧品やスキンケア用品、もう使う気のしないアイテムは処分する
  • アイテムをしまう前に戸棚や引き出しの中をきれいに掃除する
  • 熱や湿気に弱いアイテム(薬や薬用スキンケア用品)はバスルームから遠いところにしまう

整理整頓を習慣化するコツ:化粧品やバス用品はお気に入りのアイテムの品番を控えておき、オンラインで買えば、買いすぎや衝動買いを防ぐことができます。

Houzz | Heydt Designs

10月:ダイニングルームやおもてなし用品
年末にかけて、クリスマスなどお客様を迎える機会も増えるので、10月はおもてなし関連の空間やアイテムを重点的に整理します。

  • 古くなってしまったりシミがついているテーブルクロス、テーブルマット、ナプキンは処分
  • ディナー用の食器やグラスを点検し、過不足がないかチェック
  • 趣味にあわなくなったテーブルクロスや雑貨を処分

整理整頓を習慣化するコツ:テーブル周りのアイテムを買うときは、洋服と同じで、コーディネートを考えながら揃えていきましょう。

Houzz | tesa SE - International

11月:趣味や手芸、DIY用品
ホリデーシーズンも目の前のこの時期に、ギフト用のラッピング用品を整理しておきましょう。

  • ラッピング用の包装紙やリボンを整理。使えなくなったペンや使いきったテープなどを捨てる
  • 端切れや毛糸、包装紙をチェックして、不要なものは処分。
  • つくりかけの趣味の品は袋や箱にしまっておく

整理整頓を習慣化するコツ:手芸・DIY用品は使い終わるたびに整理しましょう。クシャクシャにつめこんでおくと、必要なものがすぐに見つからず、ストックがあるので買い足してしまうという悪循環を招きます!

Houzz | Houseology

12月:クリスマス&お正月の準備
1年のうちでいちばん忙しい季節。この時期はプレゼントやお歳暮など、贈り物を受け取ることも多いので、無理をして整理をする必要はありません。

  • もう使わない、趣味にあわなくなったクリスマス用のオーナメントやお正月用の飾りは捨てたり人にあげたりする
  • 壊れたオーナメントや飾りは迷わず捨てる
  • いただきものでも自分の趣味にあわないものは、交換したり、他の人にあげたりする。いただきものだから、と罪悪感を感じてとっておいてはダメ。(ただし、例外は手編みのセーター。手放すと恨まれるかも!)

整理整頓を習慣化するコツ:日頃から友人や家族に、「贈り物は"消え物"がいいわ」と伝えておきましょう(消え物=食品や調味料、洗剤や入浴剤など、使えばなくなるもの)。人は喜んでもらえるものを贈りたいと思うものなので、さりげなくリクエストを伝えておきましょう。

(2016年1月6日 Houzz『新年の今こそ、整理整頓を習慣化する年間片づけプランをスタートしよう!』より転載)