BLOG
2015年12月03日 15時48分 JST | 更新 2016年12月02日 19時12分 JST

チャールズ皇太子「この2週間が、孫世代と私の運命を左右する」【COP21】

今後2週間で行われる討議によって、いま生きている者だけでなく、まだ生まれていない次世代の運命すらも決まってしまうのです。

11月30日からCOP21(国連気候変動パリ会議)がフランス・パリで開催されている。世界的規模で加速する気候変動に対し、実効的な対応枠組みが制定できるかが焦点となっている同会議。開会式では、イギリスのチャールズ皇太子が各国首脳に対しスピーチを行い、「この会議の成否が、未来の世代の運命を左右する」として具体的政策への合意実現を訴えた。全文は以下の通り。

プルガル=ビダル環境大臣、ファビウス外務・国際開発大臣、フィゲレス事務局長、そして皆様、私はこの極めて重要な会議の開幕に際し、フランスのオランド大統領より簡単なご挨拶をさせて頂く機会をいただいたことに、深く感動しています。

まず始めに、2週間前パリで起きた事件について、その恐怖に心の底より共感を示すとともに、残酷にもこの世を去ることとなった方々、そして深い悲しみにいらっしゃるご遺族の方々にお悔やみを申し上げたいと思います。この気持ちは言葉にするのが難しいほどですが、苦しみの時にも私の心は勇敢なフランス国民の皆様に寄り添っている、とお伝えしたいと思います。

皆様、先ほど事務局長からもございましたとおり、人類の歴史の中で、世界中の人々がこんなにも不信を心に抱いているときがあったでしょうか。今後2週間で行われる討議によって、いま生きている者だけでなく、まだ生まれていない次世代の運命すらも決まってしまうのです。

ですから私から唯一申し上げられますのは、私が私自身の孫の事を考えるように、皆様もご自身の孫達のことを考えてください、ということです。そして声なき何十億もの人々のことを。希望を失いつつある人々のこと、安定した生活からかけ離れた場所にいる人々のことを。

何より、未来を担う若い世代が何を必要としているのかということを、熟考して頂くことをお願い申し上げたいと思います。なぜなら、「今日自分たちが生きるために、若い世代が明日をあきらめなければならない」などと決めつける権利など、私たちの誰一人にも無いのですから。

人口が増加し続けるこの地球で、人類は多くの脅威にさらされています。しかし気候変動ほどの脅威はありません。気候変動は全ての自然災害を悪化させ、私たちの生活をさらに切迫させています。

気候変動は私たちの食料供給能力、健康を維持する力、異常気象から身を守る能力、私たちの経済を支える天然資源を管理する能力、そして大量の移民と増加する紛争による人道的被害を防ぐ能力に対する脅威となっているのです。

気候変動の脅威を放置することは、私たちが私たち自身の滅亡を推し進める存在になることにほかなりません。草木が枯れ水が溢れても、この星自身は生き残ることができるでしょうが、人類はそうではないのです。

このことを申すととても滑稽に聞こえるでしょうが、そもそも私たちは何をすべきかがわからないわけではないのです。

私たちは、今もそうであるように、気候の変化に十分に適応することはできませんし、 新しい大気圏をつくることもできません。破滅を回避するために、私たちは地球温暖化を2度以下に抑えなければなりません。そのためには炭素排出量の劇的な減少が必要です。

このことは、可能なことなのです。私たちには、知識、道具、そして資金があります。全世界における年間燃料消費量のうちたった1.7%を削減すれば、私たちは目標とする「2030年までに低炭素社会を実現する」ことへの正しい道を進むことができます。

私たちに足りていないのは、低炭素社会をなんとしても実現するという意志、そしてそのための知識・道具・資金を賢く、そして世界規模で求められるレベルで活かす枠組みだけなのです。

各国政府は、エネルギー、農業、漁業への補助金で総額1兆ドル以上を毎年費やしています。想像してみてください。もしこの巨額の資金が、化石燃料、そして森林破壊や過剰な海上開発ではなく、持続可能なエネルギー、持続可能な農業、持続可能な漁業に投下されていれば、何ができたかを。これは私たちが共同で支払うべき、世界を守るために締結した長期保険契約の保険料なのです。

近年、私たちの行動はすべて「信用に足る科学」に基づいていなければならない、とする言説を耳にするようになりました。私たちは信用に足る科学を持っています。それではなぜ、こと気候変動に関してはそれが適用されないのでしょうか?

また私たちは、イノベーションと投資が低炭素エネルギー技術の進歩をどれだけ早めることができるかについても、すでに目の当たりにしています。さらに、私たちは循環型経済をどのように発展させれば良いのかについては、今まさに学んでいるところです。この循環型経済が実現すれば、これまで廃棄物としていたすべてのものが将来の成長のための原料となるのです。

ですから私は、皆様が国益を追求する中で、国際的に必要とされていることを見失わないことを祈ります。

2009年を振り返ってみましょう。COP15が目前に迫ったデンマーク・コペンハーゲンで、私はあることを指摘しようと試みたことを覚えています。それは、当時最も正確だった科学的予測によれば、回復の余地がない壊滅的な気候変動が起こる危険は目前に迫っており、その回避のためには私たちの態度が抜本的に改められることが必要なこと。そしてその変化を起こす期限は、100カ月以下しかないことです。

私たちはこの明白な警告を無視するような集団的怠惰に、本当に達してしまったのでしょうか? 現時点で100カ月のうち80カ月は既に過ぎてしまいました。

そう、私たちは今行動しなければならないのです。気候変動より大きく、緊急性の高い脅威に見える出来事や危機、すなわちテロや難民問題などは、すでに私たちを襲っています。しかし現実には、その多くはすでに、あるいはこれからだんだんと、急速に強まる気候変動の影響と関係して考えられるようになるはずです。

自然が私たちのひどい扱いに涙を流しています。もし地球が私たちの「患者」だとわかっていれば、私たちはずっと前に治療をしていたことでしょう。ご列席の皆様には、地球に生命維持装置をつけるための力があります。ですから人類は、これ以上の先延ばしをすることなく、救命医療を確実にはじめなければならないのです!

今日、長すぎるインターバルの後、皆様は私たち自身を健全な将来への道へと歩ませるために、ここに集まったのです。もし、ようやく、私たちの惑星を、そして私たちの仲間を、目前に迫った破滅から救出する待望の一歩を踏み出す瞬間が到来したのならば、人道的で賢明な協力の精神で、この重要な目標を追い求めていきましょう。

ご列席の皆様、私は皆様の努力を願い、そしてその成功を祈ります。

この記事はハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

【関連記事】

Photo gallery ダイアナ妃とチャールズ皇太子 See Gallery
ハフィントンポスト日本版はTwitterでも情報発信しています

2015-04-28-1430218364-9211717-about_local_heats_.jpg