BLOG
2018年01月31日 15時11分 JST | 更新 2018年02月01日 10時48分 JST

身長100cmの私が妊娠してびっくり。しかし…。

びっくりなこと、嬉しいこと、悲しいこと、不安なことが一か月に次々と起こり…。

Natsuko Izena

2010年にパートナーと結婚式を挙げ、彼の転勤で沖縄県から香川県に引っ越しました。

(私は夫婦別姓を通したかったので、婚姻届けは出さない事実婚での結婚でした。)

子どもはほしいと思っていましたが、具体的にいつ、という希望はまだありませんでした。結婚から1年後の2011年2月、実家の沖縄に帰省した時、いつも通っていた婦人科で婦人科検診をし、妊娠が発覚したのです。ただの婦人科検診の予定が、妊娠の発覚にびっくりし、動揺する私に、医師は

「大丈夫ですよ、産むのは10ヶ月後ですから。」

「あなたの場合は施設が整った病院がいいですね」

と、肯定的、かつ冷静なことだけを言いました。

今思うと、その医師の対応はとても良かったです。

なぜなら私と同じ障害がある友だちは、医師から「本当に出産するんですか?」と難色をしめされ、辛い思いをした人が多かったのです。

Natsuko Izena
実家の沖縄に帰省した時、池間大橋にて。

身長100cmの小さな私は、どこの病院で生むべきなのか、それが一番大切なことです。またこれからどんどん動けなくなるだろうから、どれくらいのヘルパー時間が必要なのか、具体的にどんなサポートが必要なのかを考えないといけません。また大学院の入学を控えていたので学業はどうするか、などいろいろ考えることがありました。でもとっても嬉しかったです。

一番大切なのは、信頼できる医師に診てもらうこと。三年前にも受診した東京の医師に、検診を兼ね、どこの病院がいいのか相談をすることにしました。妊娠初期に香川県から東京まで、飛行機に乗っても大丈夫なのかという心配もありましたが「赤ちゃんの力を信じる」と決めていたので、迷わずに受診しました。

パートナーは不安で、医師にネガティブな質問ばかりをしていました。

しかし医師は

「母体がどこまでたえられるかは、一人一人違うから、やってみないとわからない。赤ちゃん、お母さん、それぞれよ。」

「苦しくなったら、帝王切開で出せばいいのよ。」

という、これまた肯定的なことだけを言ってくれました。

パートナーも少しずつ不安が減り、私もより安心しました。

ただ赤ちゃんの袋(胎嚢)は見えるのに、心拍が確認できないので、流産の可能性があると言われました。

その医師の後輩でもあり、信頼する女医さんが香川県にいることがわかり、そちらで経過を見ていくことになりました。信頼する医師から、さらに医師を紹介してもらう。いい医師に巡り合いにくい障害者の私にとっては本当にラッキーでした。

自宅からも通える香川県の病院での診察が始まりました。しかし赤ちゃんの心拍は確認されません。流産はだれでもおこりうることで、約6人に1人の確率だと教えてもらいました。

何回か受診しましたが心拍は確認されず、稽留(けいりゅう)流産が決まりました。医師は「卵の問題なので、母体に何か問題があった、お母さんが○○したから、というわけでない」と何回も説明してくださいました。

自然に流れるのを待ちたいのですが、あまりに長く置いておくと母体に良くないので、早めの手術が必要です。

びっくりなこと、嬉しいこと、悲しいこと、不安なことが一か月に次々と起こり、自分の気持ちとゆっくり向き合う時間がない妊娠生活でした。

​​​​​​​

子どもを持たない人生。子どもを持つ人生。「家族のかたち」はさまざまです。「家族のかたち」という言葉を聞いて、あなたの頭にを浮かぶのはどんな景色でしょう?みなさんの家族のストーリーや写真をfamily@huffingtonpost.jp でお待ちしています。 #家族のかたち#家族のこと教えて も用意しました。こちらから投稿も募集しています。

人生の数だけ家族のかたちがあります。ハフポスト日本版ライフスタイルの「家族のかたち」は、そんな現代のさまざまな家族について語る場所です。