BLOG
2015年11月20日 02時50分 JST | 更新 2016年11月18日 19時12分 JST

バイセクシュアル同士の結婚はうまくいくの? 私の経験を紹介します

妻と私は、ふたりともバイセクシュアルです。

「実際、セックスはどうなのですか?」

「誰が何をするのですか?」

「ふたりと一緒に私も......なんてダメですよね?」

妻と私は、もう何年もにわたり幸せな結婚生活を送り、ふたりで数多くの冒険をしてきました。周りからは、上に挙げたような質問をよく聞かれます。このような質問を投げかけてくる人の多くは、バイセクシュアル同士の結婚がどのように成り立つのか興味を持っていて、また人によっては、バイセクシュアルのカップルと、そういう(性的な)関係になることに興味がある人たちもいます。

確かに、このような質問をいきなり投げかけられることを唐突だなと感じることはあるけれど、本当にバイセクシュアリティを理解したいという人たちに対しては、いつも会話に応じたいと思っています。

言い換えれば、私は、バイセクシュアル同士の結婚が、どうしたらうまくいく可能性があるものか、注目してもらうのは良いことではないかと思っています。この「うまくいく可能性がある」という言葉を覚えていてほしい。これからみなさんに、私自身の経験に基づいたことを伝えたいと思います。

付き合うということは、それぞれの人の数だけ個性的で様々なかたちがあり、十人十色だと理解することが大切です。それはバイセクシュアル同士の結婚においても変わらない。カップルによって、異なる向き合い方があるのだから。

■セックスと性的な流動性

妻と私は、ふたりともバイセクシュアルです。同時に、私たちはふたりとも、自分自身の性的な流動性を体験しています。この表現をあまり聞き慣れない人も多いでしょう。性的に流動的な人は、人生の中の様々なタイミングで、惹かれる性が変化します。異性に惹かれたり、同性に惹かれたり、またはその両方に惹かれたり、その度合が揺れ動くのです。

これは、私たちのセックスにおいて、どのような意味を持つのでしょうか。

・ふたりとも、お互いの心と身体を楽しむ。

お互いの心と身体に惹かれ合っているということが、私たちにとっては最も大切です。精神的なつながりと肉体的なつながり、それぞれを通してお互いを理解しているから、私たちには、結婚生活の土台となるお互いへの深い愛情がります。

・お互いのバイセクシュアリティとして性的流動性を楽しむ。

私は、妻が異なるジェンダーを魅力的だと思うことを、とても神秘的で素晴らしいことだと感じています。そして、妻が私のことを同様に感じてくれていることを、とても幸せだと感じています。私たちにとって、お互いのことをこのように感じられることは、自分たちらしくいるために必要不可欠なことだから。

・ふたりが(性的に)惹かれることが共通していて、いくつもある。

異性同士の性的関係がうまくいくには、何か共通するところがなければいけません。私と妻は、とても多くの共通点があります。もちろん、ふたりがともにバイセクシュアルであり、性的流動性があることはとても大きいです。しかしそれだけなく、性的な動画の好みなども似ています。

・様々な可能性を受け入れる。

私と妻は一緒になった瞬間から、濃厚なバイセクシュアリティはうまくいかない可能性があることに気づいていました。そして私たちは、お互いに対して誠実でいることは、肉体的ではなく、感情的で精神的なことであると信じています。だから、肉体的に他の人に惹かれるときは、お互いに相談し合います。でもどんなときも、まわりには結婚していることを、きちんと伝えるようにしています。

これらすべての要因が重なり合うからこそ、私たちふたりは多くを共有することができる。そして、あらゆる器官の中で、心が最も感度の高いものだからこそ、私たちのセックスは素晴らしいものなのです。

■課題と落とし穴

私と妻は、付き合い始めて早い段階で、自分たちの性的流動性は、ふたりの関係性を維持し、深めていくにあたって課題となりえることを学びました。だからこそ、お互いに対して、包み隠さず正直であることが必要なのです。そうでなければ、下記の様な落とし穴に引っかかってしまうから。

・お互いが同性に魅了される気持ちを満たすことはできない。

私は女性ではなく、妻は男性ではない。お互いが惹きつけられるすべてを、必ずしも自分で満たすことができるわけではない。だから、根本的にすべてを許容するのです。

・性の流動性は、予測もできなければ強要もできない。

私たちは、ふたりとも性的流動性を感じることがあるけれど、同じタイミングで完璧に一致したまま、ふたりの性が流動するとは限りません。だから、時間はかかりましたが、ふたりでこの問題を乗り越えるために行き着いたことがあります。

まず、自分たちの状態を包み隠さず相手に伝えること。次に、ふたりが共通して楽しめることを模索し、発掘すること。もしも共通して楽しめることがないときは、お互いに相手の自由を許し、自分たちの性的流動性のサイクルが再び近づくのを待ちます。

・心を抑えこむのはリスクだ。

過去に私たちは、お互いの性的流動性サイクルが合わないときに、お互いを傷つけたくないという潜在意識から、本当の気持ちを抑えこもうとしたことがあります。けれども、感情や欲求を抑えこむことは健全ではないし、ストレスや鬱憤が溜まる原因につながります。だから、自分たちの感情や欲求をきちんと認識することを避けてはいけません。それが一時的に、ふたりの性生活を分かつことになっても。

・でも互いにコミットするのも大切。

結婚生活において、第三者が関わってはいけないタイミングはあります。ストレスや人生に困難がふりかかるときも、特に理由なく、ただそうしたいと思うときも、ふたりだけで向き合うことは大切です。ふたりのどちらか片方でもそう感じれば、(第三者を閉め出し)ふたり向き合います。お互いに相手の想いを尊重しているから。

■なぜうまく行くのか。

どんな付き合いも、うまくいっている関係は、根底に、お互いへの深い感謝と、愛情と、信頼と尊重の気持ちがあります。私たちの関係性も例外ではありません。私たちの場合は、自分をすべてさらけ出し、私たちらしくいることが大切だから、その中で挙げるなら、最も大切なものはコミュニケーションと言えるかもしれません。

また、私たちふたりは性的に流動的だから、今日うまくいくルールが明日うまくいかないこともあるかもしれません。でも、自分たちの考えや感情、欲求などをきちんとお互いに伝え合うことで、バイセクシュアル同士の結婚の紆余曲折を乗り越えていけるのです。そして、私たちの素晴らしい人生という道のりを楽しんでいけるのだと思っています。

このブログはハフポストUS版に掲載されたものを翻訳しました。

Photo gallery あまり知られていない12の性的指向 See Gallery