THE_BLOG

いじめられた女性が考えた、いじめで苦しむ人をなくす3つの方法

いじめっ子には、こんな態度をとってみましょう。
This post was published on the now-closed HuffPost Contributor platform. Contributors control their own work and posted freely to our site. If you need to flag this entry as abusive, send us an email.
Multiracial school children putting their hands together
Multiracial school children putting their hands together

大統領選の報道を見たり、Facebookで選挙関連のハッシュタグを検索してみてください。何が見つかりますか?

国の将来について、礼儀正しく議論している人はあまりいないことに気付くでしょう。そこで目にするのは、嘘や憎しみ、それに辛辣な言葉です。

大人がこんなにお互いを攻撃しあっているのであれば、学校でいじめがなくならないのも不思議ではありません。

私たち大人が、お互いに対して親切にできていないのに、子供にそれを期待するのは間違いです。それは、タバコを吸いながら、子供に喫煙の怖さを教えるようなもの。子供は大人の言うことを聞くのではありません。大人のやっていることを見て、学ぶのです。

子供たちに、いじめは容認できないものだと教えることは、あなたにとって大切なことでしょうか。

もしそうであれば、いじめの世界を抜け出し、良い変化を生む、三つの方法を伝えたいと思います。

もしあなたが、他人をどなりつけたり、自分と意見が違う人の悪口を言うのが好きなら、今から私が伝える意見はあなたを変えることはないかもしれない。

しかし、あなたが変わることを恐れない人なら、心に響くものがあるかもしれません。

1. 売られた喧嘩を買わない

これは、子供の頃に母親から何度も言われた言葉です。だけど本当の意味がわかるようになったのは、大学生になってからでした。

たとえ誰かが、あなたについての嘘や間違ったことを言っても、立ち向かう必要はありません。代りに、相手にしない、毅然とした態度で接する、関わらないようにすることができます。いじめる人に立ち向かっても、何の利益もありません。

喧嘩を買わない目的は、相手にいじめをやめさせることではありません。相手はやめるかもしれないし、やめないかもしれない。大切なのは、自分の行動を変えることです。自分の力で、いじめに関わる人を一人減らことができます。

2. たとえ相手と意見が違っても、擁護すべき時は味方してあげて下さい。

ゲイの子供を勘当したことについて、オンラインで討論したことがあります。議論の中で「ゲイ肯定派」の女性が「ゲイ反対派」(勘当は反対) の女性に、あなたなんか死んでしまった方がいい、と言いました。

私はゲイ反対派ではありません。でも、ゲイ反対の人に自殺しろと言うのは、建設的な意見ではありません。だから「誰にでも、命を脅かされずに意見を述べる権利がある」と発言しました。同じようなケースは他にもたくさんあるでしょう。

あるグループに属する人 (白人、黒人、キリスト教徒、ゲイでない人など)に嫌な思いをさせられた経験があるかもしれませんが、だからといって、そのグループの人全てが悪いわけではありません。

自分と意見が違う人でも、礼儀正しく議論をすれば、理解を深められるでしょう。

3. いじめに、親切で返す

私はここ数年、いじめに反応しない、もしくは親切な態度で接するよう心がけてきました。時には唇を噛み締めたり 、癇癪をおこしたりする場面もありました。いじめに親切で対応するのは、簡単ではありません。だけど、難しい道こそ正しい道であると思います。

いじめに親切で返すためのコツ、それはいじめに憎しみで応えている姿を想像することです。そんなにいい人生ではないでしょう? お金や名声があっても、周りに嫌なことを言いながら時間を過ごしていれば、頭の中は憎しみだらけでしょう。

だから、嫌なことを言われたり、されたりしたら、まずは深呼吸をして、怒りを抑えてください。もし何か反論があるときは、短く丁寧に。間違った事実を訂正するに留めましょう。心配しないでください。類は友を呼ぶ、です。いじめる人を無視すれば、そのうち彼らはあなたに関わってこなくなります。

ハフポストUS版に掲載された記事を翻訳しました。

▼関連画像集▼

「種は違うけれども仲良しな動物たち」