BLOG
2015年09月13日 00時54分 JST | 更新 2016年09月10日 18時12分 JST

ホルモン投与・性転換手術後にハゲる!? トランスジェンダー特有の悩み

「治療の前に、もっと未来像を描いておくべきだったかもしれない。」誰にでも悩みはあるからこそ、うんと悩んで決めてください。

女性体から男性体への性転換を行った友人の話です。

本当の体を取り返すため、高級車1台分の費用をかけて

性別適合手術(SRS)と、男性ホルモン投与を受け

数年経過したFTM(性同一性障害)の友人、M君。

彼には新たな悩みがあります。

胸を気にしなくてもよくなった!だけど...

男性の悩みといえば...。

M君は、お父さんが真ん中から禿げ上がっています。

お爺ちゃんも、みんなそう。

毛髪の薄さは遺伝だと言うけど

ホルモン投与・SRSを受ける前

M君は、頭髪のことまで考えていなかったのです。

女だと思われたくなかった。胸をジロジロ見られるが嫌だった。

胸をとったのは、心の性別との違和感があったし

何より胸があることで、人にジロジロ見られるのが

たまらなく嫌だった。

M君は、手術を受け...世間からの不躾な視線から

逃れられる筈だったのです。

今じゃ、髪が気になって帽子が手放せない。

髪に影響がなかったころは

オシャレが好きで、しょっちゅうヘアスタイルを変えていた。

でも、頭頂部がはげてしまった今はうまくごまかせない。

150センチと小柄で、ファッションもB-BOYスタイルと若々しい。

それなのに、てっぺんだけ薄毛になってしまい、

M君は、周囲が自分の頭部に注目している気がして

帽子を被らずには出歩けなくなってしまいました。

あの時、俺の選択は間違ってなかったよね...?

手に入れたのは、心の性別(男性)の体。

それと引き換えに失ったものは

多額の現金と、体力と、自信と...。

帽子に合わせなくてはいけなくなって

オシャレも自由にできなくなったし...。

後悔...

「後悔というのは違うかもしれないけど

治療の前に、もっと未来像を描いておくべきだったかもしれない。」

M君は所在なさげに苦笑いしました。

誰にでも悩みはある。だからこそ、うんと悩んで決めてください。

性同一性障害を疑った時

または診断された時。

道はひとつではないのです。

元記事:ホルモン投与・性転換手術後にハゲる!? トランスジェンダーの悩み - Letibee LIFE

もっと読む