BLOG
2018年11月19日 15時16分 JST | 更新 2018年11月19日 15時16分 JST

神経変性における老化細胞の役割

Nerve cell anatomy in details. 3D illustration
alex-mit via Getty Images
Nerve cell anatomy in details. 3D illustration

D Bakerたちは今回、老化細胞の蓄積と認知機能に関連するニューロンの消失の間には、因果関係があることを明らかにしている。タウ依存的な神経変性疾患のマウスモデルでは、老化したアストロサイトやミクログリアの蓄積が認められた。これらの細胞が生じたときに除去することで、グリオーシス、神経原繊維変化の沈着、大脳皮質や海馬のニューロンの変性が抑制され、認知機能が維持された。老化細胞を標的とすることで、神経変性疾患の新たな治療の道が開かれる可能性がある。

Nature562, 7728

原著論文:

Clearance of senescent glial cells prevents tau-dependent pathology and cognitive decline

doi: 10.1038/s41586-018-0543-y

【関連記事】

Nature562, 7727 

Nature562, 7725 

ここはどこ?

Nature562, 7725 

体性感覚皮質は脊髄での触覚情報処理を調節する

Nature561, 7724 

運動で生じる音を抑える仕組み

Nature561, 7723 

Nature 個人購読について