BLOG
2018年03月20日 18時58分 JST | 更新 2018年03月20日 18時58分 JST

地震波は水の影響を受けない

その根底にある性質を調べることができる可能性がある。

地球の上部マントルを構成する主要な鉱物であるカンラン石。

Credit: Estellez / iStock / Getty Images Plus

地球の上部マントルにおける地震波の速度と減衰の水平方向の変化を用いて、その根底にある性質を調べることができる可能性がある。

構造的に結合した水は、そうした地震波測定に大きな影響を及ぼすと考えられている。

C Clineたちは今回、これを調べるため、地球の地表下にあるありふれた鉱物であるカンラン石の地震波特性に対する水の影響を評価し、地震波の速度と減衰は、水含有量の影響をほとんど受けないことを立証している。

地震波特性に大きな影響を及ぼしているのは、水含有量ではなく、課された酸化還元条件とそれに伴う欠陥の化学的性質のようであり、地球上部マントルに見られる低速度層や高減衰構造の原因は、水含有量の増加ではないことが示唆された。

Nature555, 7696

原著論文:

Redox-influenced seismic properties of upper-mantle olivine

doi: 10.1038/nature25764

【関連記事】

岩石の再循環を明らかにしたダイヤモンド内部の物質

Nature 555, 7695 

地球内部の初期の分離を明らかにしたレユニオン島の岩石

Nature 555, 7694 

地球の核の歴史を明らかにする岩石のプリューム

Nature 553, 7689 

噴火様式の変化

Nature 552, 7684 

深部マントルの低速度領域を鉄で解決する

Nature 551, 7681