BLOG
2018年10月23日 18時08分 JST | 更新 2018年10月23日 18時08分 JST

原発性肝臓がんの発生

腫瘍微小環境によって肝臓がんのどちらのタイプが生じるかが決まることを明らかにしている。

magicmine via Getty Images

肝細胞がん(HCC)と肝内胆管がん(ICC)は、原発性肝臓がんの2つの主要なサブタイプである。L Zenderたちは今回、腫瘍微小環境によって肝臓がんのどちらのタイプが生じるかが決まることを明らかにしている。形質転換した肝細胞は、周囲の肝細胞がネクロトーシスを起こしている場合はICCになるが、同じがん遺伝子により形質転換した肝細胞でも、周囲の肝細胞がアポトーシスを起こしているとHCCになる。機構として、著者たちは、これをサイトカイン環境と遺伝子発現における違いに結び付けている。

Nature562, 7725

原著論文:

Necroptosis microenvironment directs lineage commitment in liver cancer

doi: 10.1038/s41586-018-0519-y

【関連記事】

ケトン食療法がある種の抗がん剤への応答を改善する可能性

Nature560, 7719 

Nature560, 7716 

ヒスチジン代謝がメトトレキサートへの感受性を決定する

Nature559, 7715 

Nature559, 7714 

PIK3CAの阻害によりPROSの症状が改善する

Nature558, 7711 

Nature 個人購読について