BLOG
2015年10月03日 15時59分 JST | 更新 2016年10月01日 18時12分 JST

生体を模倣した新しいナノ送達システムプラットフォーム

血液中に存在する血小板は、止血に関わる幅広い機能を果たす小型の円盤状細胞である。

血液中に存在する血小板は、止血に関わる幅広い機能を果たす小型の円盤状細胞である。この血小板が薬剤送達系の基盤を作るための最有力候補として選び出されたのは、その特性のためである。今回報告されたナノ粒子を使った新しい送達プラットフォームでは、ポリマー状のナノ粒子がヒト血小板の細胞膜に封入されている。著者たちは、血小板細胞膜で覆ったこのようなナノ粒子が、心血管疾患のラットモデルと全身性細菌感染のマウスモデルで抗生物質の送達に使えることを実証している。

Nature526, 7571

2015年10月1日

原文:

Nanoparticle biointerfacing by platelet membrane cloaking

doi:10.1038/nature15373

【関連記事】

複合生体材料のナノスケールトモグラフィー Nature469, 7329 2011年1月13日