BLOG
2015年10月18日 23時26分 JST | 更新 2016年10月17日 18時12分 JST

他者の富が見えると協力行動が損なわれる

富の不平等と富の可視性は、いずれも社会における協力行動のレベルや全体的な経済的繁栄のレベルに影響を及ぼす可能性がある。西晃弘(エール大学)たちは今回、オンラインゲームを用いて、この2つの要因がどのように相互作用するのかを調べた。意外なことに、プレーヤーが他者の富について知らないかぎり、富の不平等だけでは協力行動も全体の富も損なわれなかった。しかし、プレーヤーの富が他者に見える場合には、不平等が悪い影響を及ぼした。

Nature526, 7573

2015年10月15日

原著論文: Inequality and visibility of wealth in experimental social networks

doi: 10.1038/nature15392

【関連記事】

Nature最新号ハイライト