2014nen

2014年が暮れてゆく。今年最後の夕焼けに、あなたは何を思うだろうか。
この10年以上、その年にちなんだ数字の覆面算を作ってみなさまにお送りしているのですが、住所を含めて手書きの部分でいろいろ時間がかかります。そこでどんな問題をお送りしているか、2014年の年始にみなさまにお送りしたお年賀問題をこちらで公開します。
せっかくなので、今年は単なる10大ニュースではなく、『10大潮流』と銘打って、いくつかの関連するニュースをまとめてその背後にあるストーリーのほうに着目してみたい。
今年の世相を表す「創作四字熟語」。あなたはいくつ読めるだろうか。
オンライン辞書など英語関連事業を展開するウェブリオは12日、その年の世相を表す漢字一文字を発表する「今年の漢字」に合わせて、今年の世相を表す英単語を調査し『今年の英単語 2014』を発表。第1回目となる今年、1位となったのは?
2014年も早くも折り返し点を過ぎた。ハフィントンポスト日本版で人気を集めた記事を中心に、ネットで話題になった人物をスライドショーにまとめてみた。
産業能率大学は4月22日、2014年度の新入社員を対象とした「理想の上司」に関する調査結果を発表した。男性はテレビドラマ「半沢直樹」で主役を演じた俳優の堺雅人さん、女性は女優の天海祐希さんがそれぞれ1位になった。
中国の国会に当たる全国人民代表大会(全人代)が開幕。李克強首相は政府活動報告の中で、今年の国内総生産(GDP)伸び率目標を前年と同じ7.5%とした。目標の据え置きは、政府が改革と経済のリバランスを引き続き重視することを示唆したものと受け止められている。
日韓、日中関係は戦後最悪というべき状況にある。丁度Eurasia GroupからTop Risks 2014が公表されたので、これを参照しながら悪化する日韓、日中関係の背景と今後について考えてみたい。
2014年も本格始動。そこで、ハフィントンポストのブロガーに「2014年の展望」というテーマでコメントを寄せていただきました。