2014nen

一年間まったく困難に直面しないで過ごすことは不可能である。しかし多くの人たちは挫折にもかかわらず、前向きな見通しをもって2014年を迎えようとしている。ほぼ50%のアメリカ人は、新しい年において運勢が上向くと信じている。2014年はポジティブな一年になるだろうか?
賀正 でございます。ネット、キッズ、ポップの3本柱について、いずれも矢継ぎ早に新しい軸を植え立ててまいりました。2013年は、その土台作りと定着に努めました。だから、あまり派手さはありませんが、重厚な年になりました。もちろん、ネット選挙やらクールジャパン対策やら、新しい動きもありましたから、新機軸も加わっています。展望かたがた総括してみます。
安倍首相の靖国神社参拝から三日が経過し日本社会は本来の平静さを取り戻した様である。前回の安倍首相の靖国神社参拝について、で説明した様に、アメリカからは安倍首相の靖国神社参拝直後に公表されたアメリカ大使館のプレスリリース以上特段の追及はなかった。
多くの人たちが新年の抱負を守れないでいる。ちょっと気軽なところから、2014年の目標や抱負を考えてみるのはどうだるか。 私たちは、2014年に向けて、新たな気持ちで旅行に向き合う方法を考えてみた。