3dpurinta

ひとりひとり違う顔の形に合わせてフレームをカスタマイズできるメガネのプロジェクトがKickstarterに登場した。プロジェクトを立ち上げたのは、オランダのアムステルダムにサングラス専門店を構えるBoulton Eyewear。
旅行で訪れた世界遺産を、3Dプリンタを使ってジオラマで再現。作品のいくつかはさまざまな国の大使館に置かれている。どんなきっかけで置かれるようになったのだろうか?
企業から独立した社会人や学生が大手企業にはできない製品開発を進め、クラウドファンディングで資金調達をして商品化にこぎつけるという事例も増え、ハードウェアベンチャーに対する支援や投資も活発化している。
「10年以上前から3Dプリンタには注目していました」インタビューの初めに告げられて、びっくりした。
目が見えない妊婦にも、胎児の姿を見せたい。医師らが彼女にプレゼントしたのは…
犬用の車いすはいろいろあるけど、どれも不格好で使いづらい。それらの小さな車いすは、布製のベルトなどで障害犬をくくりつけるが、高いし、格好悪いものが多い。
オーストラリアのウロンゴン大学の研究所(ACES)が、4Dプリンタを作った。それは、そのプリンタがオブジェクトを時空連続体の中へ出力するという意味ではない。
モノづくりの巨人、シーメンス(本社・ミュンヘン)が「誰が世界ナンバー・ワンのチームだ」「チーム・シーメンスだ」と 雄叫びを上げていた。
3Dプリンターの普及のおかげで毎日、大勢の人々の生活の質が大きく向上している。フェイスという7歳の少女はフラミンゴのようなきれいな色のロボット義手を手に入れた。
少々他の人とは違った切り口で、私なりの『年頭所感/2015年を迎えるにあたって』を書いておこうと思う。