3dpurinta

3Dプリンタは間違いなく家庭に普及する。それが家計にどれほどの節約をもたらすかは未知数だ。しかし3Dプリンタがわれわれと製造業との関係を長期的に大きく変えていくことになるのは疑問の余地がない。その点、この調査の結論は正しいと思う。
3Dプリンターは、来年間違いなく熱くなる。私はワクワクしている。そして、少しの準備と理解があれば、PalmよりAppleのような未来を約束してくれるだろう…
画面上で3Dアバターを作ると、フルカラーで3Dプリントしてフィギュアにしてくれるサービス「Mixee Me」ではちょっと不満だが、CTスキャナーと3Dプリントを利用して自分の正確な顔を彫像にするというのもちょっと怖い。では、お金に余裕があって、ハイテク好きで自己愛の強い人たちは、今何に注目しているのだろうか。
3Dプリンタによって救われた赤ちゃんの話が報じられている。ミシガン大学ヘルスシステムのブログにグレン・グリーン医師が投稿した記事によると、グリーン医師らは、気管支軟化症で苦しんでいた赤ちゃんを救うために、3Dプリンタを利用したとしている…