abenomikusu-koka

成長戦略をどうしたらいいか。私は、一言でいえば日本経済の新陳代謝をよくしなければならない、と考えている。
安倍政権は政権公約の一つに、「にいまる・さんまる」(2020年までに指導的地位に女性が占める割合を30%以上とする目標)を掲げています。私はその公約が発表されたとき、正直申し上げてとても驚きました。
昨年の暮れから、「アベノミクス」とも呼ばれる金融緩和と財政出動による景気刺激策が採られ、デフレ脱却と景気回復への期待が高まっています。景気には「気」の側面もありますから、水を差すような指摘は避けたいと思いますが、短期的にはともかく、中長期では負の遺産ばかりが残るのではないかと、危惧しています。
日銀の黒田東彦総裁は4日の就任後初の金融政策決定会合で、事前のエコノミストの予測をはるかに上回る「異次元緩和」を打ち出し、日経平均は4年7カ月ぶりに一時1万3千円台を回復。8日には円も1ドル99円台をつけた…