abenomikusu-seichosenryaku

アベノミクスと言われる経済戦略。私が特に焦点と考えているのは成長戦略です。この成長戦略を成し遂げるためには、大胆な構造改革や規制緩和を突き詰めるべきと考えます。国ができることではなく、民ができることを推し進めるべきです。
国際通貨基金(IMF)は7月9日、最新の世界経済見通しを発表した。主要国は軒並み前回予想から引き下げとなっている中、日本だけが成長を維持している構図が鮮明となっている。理由は…
山本幸三・衆院議員は24日、ロイターセミナーで講演し、参院選挙で自民党が圧勝した場合に、安倍政権は規制改革に取り組みやすくなるとの見通しを示し、特に環太平洋連携協定(TPP)があらゆる構造改革への布石になると強調した
安倍晋三首相は24日夕、政府税制調査会の初会合であいさつし、民間投資を喚起する成長戦略のための具体的税制措置については与党税制調査会で議論することになるが、政府税調でも中長期的な視点から幅広い議論をお願いしたいと述べた…
東京都議会議員選挙で自民・公明両党が圧勝し、7月の参院選でも勝利して、ねじれ国会の状況が解消される可能性が高まった。「決められる政治」が現実となり、秋の臨時国会では成長戦略関連の法案が相次いで成立する公算が大きくなっている。 一方、消費増税の実施判断と財政健全化の推進という「二律背反」の課題について、安倍晋三政権がどのような決断を下すかが、今後の大きな政治課題となってきそうだ...
今回の成長戦略は「見える化」を通して国民を巻き込み、決して絵に描いた餅にはしてはいけない。民間活力の爆発なしに、日本再生はありえないのだから。
日本各紙(朝日・読売・産経)は、改めて明確になった安倍政権の経済財政政策について、それぞれの切り口から評価と課題を指摘している…
少し前に、アベノミクスは我慢比べになってくるだろうと書きましたが、はや我慢比べの局面にはいってきたのではないでしょうか。成長戦略の第3弾に市場が失望したのか、はたまた材料がでつくしたと見たのか、他に原因があるのかはわかりませんが、株価が大きく下がってしまいました。
成長戦略をどうしたらいいか。私は、一言でいえば日本経済の新陳代謝をよくしなければならない、と考えている。