abeshusho-kenpokaisei

衆院選の結果次第では、初めて憲法が改正される可能性がある。
自民党の石破茂・前地方創生担当大臣は5月11日、安倍晋三首相が憲法を改正して2020年の施行を目指す意向を示したことについて、「勢いで改憲していいはずがない」などと釘を刺した。
安倍晋三首相は5月8日、衆議院予算委員会の憲法改正に関する答弁で、「自民党総裁としての考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてあるので、熟読してもらってもいい」などと述べた。
この国の政治家に、リーガルマインド(遵法精神)や立憲主義の精神はないのだろうか。国民はそんな法治国家の根幹部分を揺るがすようなことを認めていいのだろうか。政治家も国民も立憲主義の精神が今、強く問われている。
倍晋三首相は、12日に行われ15日に放映された長崎国際テレビの番組インタビューで、憲法9条の改正に意欲を示した。インタビューでは「われわれは(憲法)9条を改正し、その(自衛隊)存在と役割を明記していく。これがむしろ正しい姿だろう」と述べ、自衛隊を軍隊として位置づける必要性を強調したという。この狙いは何か…
安倍晋三首相は26日夕、通常国会閉会にあたって記者会見し、来るべき参議院選挙では与党で過半数を獲得して国会のねじれを解消しなければならないと語った…
自主憲法制定を党是に掲げる自民党。安倍首相は、参院選後に民主党内の「改憲派」も取り込んで憲法改正を目指すと意気込む…
安倍首相が政治の争点を「憲法改正」から「成長戦略」へ移し始めた。自民党改憲案について予想以上の世論の反発があったことや「日本維新の会」の人気低下などを受け、方針を変えつつあるようだ。