abesori

西川農林水産大臣が辞任した。それを受けて民主党・維新の党・共産党は大臣が急に交代したから審議が出来る状況ではない、と審議拒否をすると報じられている。
安倍晋三首相は25日のNHK討論番組で、戦後70年の今年出す「安倍談話」について、「今まで重ねてきた文言を使うかどうかではなく、安倍政権としてこの70年をどう考えているかという観点から出したい」と述べた。
2015年度の予算編成は、昨年末の衆院選を勝ち抜いた安倍晋三首相の意向が強く反映された。「アベノミクス」で広がりつつある格差を是正するような施作は目立たなかった
この記事は、先日の衆院選直後に、この結果に「不満」な人にも希望が持てる道筋を示そうという意図で書かれたものですが、長過ぎてハフィントン・ポストのシステム上途中でカットされてしまったので、前後編に分けて再掲載しているものです。
衆議院選挙は自民・公明両党が、全体の3分の2の317議席を上回る326議席を獲得。選挙前の324議席を、2議席増やして大勝した。
田中原子力規制委員長は、「新規制基準を満たしたからとは安全とは言えない」「(安倍総理の)世界一の安全基準という言葉は政治的な発言」と発言し、多くの人達を混乱させています。そこで、今回は、小学生の太郎君と先生の会話という設定で、解説してみたいと思います。
安倍晋三首相は3月10日の参院予算委員会で、原発の再稼働について「原子力規制委員会が世界で最も厳しいレベルの規制基準で徹底的な検査を行い、これに適合すると認められた原発は再稼働を進めたい」と再稼働に前向きな姿勢を示した。
安倍総理が、憲法解釈の変更について、最高責任者である自らの判断でなしうる旨を発言している。これに対して、私を含めて、立憲主義の観点から厳しく批判している。
開幕まであと30日となった2月5日午後、ソチパラリンピック日本選手団の結団式と壮行会が、東京都内のホテルで開かれ、主将・森井大輝(アルペンスキー)、旗手・太田渉子(クロスカントリースキー/バイアスロン)をはじめとする選手20名、スタッフ30名がソチへの決意表明を行った。
都知事選にも出馬を表明している田母神俊雄氏。なにかと過激な言動で知られる人物だが、1月13日のNHK「おはよう日本」に噛み付いた。この朝のNHKニュースは、大きく分けると、ACミラン本田特集→安倍首相の発言特集→ソチ五輪特集と、特集づいた構成だったのだ。