adhd

7月下旬、木下優樹菜さんが自身のYouTubeチャンネルで発達障害の1つ、ADHDであることを公表。その際、脳波で発達障害が診断できるかのような発言があり、議論を呼んでいます。
なぜ自分はうまく仕事がこなせないのだろう。「怠けていないのに仕事が遅い…」を解決するポイントは「段取り」にありました。『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(共著)著者の小鳥遊さんが伝授する、ライフハックです。
なぜ自分はうまく仕事がこなせないのだろう。「仕事 できない」で検索すると「発達障害」という言葉に行き当たった━━。『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(共著)著者の小鳥遊さんが伝授する、タスク管理術です。
なぜ自分はうまく仕事がこなせないのだろう。「仕事 できない」で検索すると「発達障害」という言葉に行き当たった━━。『要領がよくないと思い込んでいる人のための仕事術図鑑』(共著)著者の小鳥遊さんが「タスク管理」にたどり着くまでを振り返ります。
「私みたいに頻繁に財布をなくしたり、片付けすらうまくできない人間でも、自分を信じて得意なことに身を投じることで誰かの役に立つことができる。社会についてだって考えることができるし、何より、どんな人にだって考えることは許されている」
ADHDの特性があるイラストレーターのぴーちゃんが、発達障害について4枚のイラストでわかりやすく紹介。今回のテーマは「ADHDの私が実践している『ミスしたときのメンタル回復方法』」です。
もともとは介護や医療などの現場向けに作られたという、身に着けるメモ「wemo バンドタイプ」。しかし、実際にリリースしてみると、ADHDなどの発達障害のある当事者の方からも大きな反響が━━。
ADHDの特性がある人が直面する様々な「困りごと」。なかでも「忘れる」「集中できない」「優先順位がつけられない」「先送り」「金銭管理ができない」の5つに注目、それらをスマホで簡単にサポートする方法をご紹介します。
ADHDの特性があるイラストレーターのぴーちゃんが、発達障害について4枚のイラストでわかりやすく紹介。今回のテーマは「発達障害のある人たちが、周りの配慮で嬉しかったこと4選」。
発達障害当事者の私にパートナーができた。だが、特性が原因でケンカになることも多い。ADHD当事者でパートナーのいる人は、どのような工夫をしてお互いにとって幸せな関係性を築いているのだろう?