afurika

(ベルリン)スーダン東部とエジプトのシナイ半島では、人身売買業者による誘拐と拷問、殺害が、主にエリトリアからの難民に行われている、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日公表した報告書で述べた。
ジブチ? 日本ではあまり知られていない国だと思いますが、近年海賊対処のために自衛隊が拠点をジブチに置いて活動しており、2013年の8月末に、日本の首脳として初めて安倍総理大臣が訪問されたので、ニュースで聞いたことがあるという方もいらっしゃるかもしれません。
イスラム教徒として初の幕内力士の大砂嵐、東京の日本外国特派員協会で会見、親方を尊敬し、両親や友人、そして母国のために頑張ると語り、「横綱になる夢を持ち続ける」と力を込めた。
ここで私が言いたいことは、一夫多妻制の是非の議論ではありません。大切なことは、「未知なる新体験で視野が広がる重要性」と、「違いを理解することは、絶対に正しい考えなどないと知ること」です。
「最後のフロンティア」と言われ、官民あげて日本からの進出が促進されるアフリカですが、腐敗が激しい国ではどんなことが起こり得るのか、ナイジェリアで遭遇した手口の数々に関する話を続けます。
中央アフリカ共和国(以下、中央アフリカ)がこの数ヵ月、武装勢力の対立による暴力の激化に苦しんでいる。しかし被害者に向けられた国連の人道援助はあまりにも少なく、あまりにも遅いと言わざるを得ない。
ハブレ前大統領は、自らの名で行われている大規模な虐殺行為を気にも留めない、冷酷な支配者だった。ハブレ前大統領は秘密警察を完全掌握し、反体制派であったり「不適切な」民族であるというだけで、拷問・殺害を行っていた実態を、この研究は明らかにしている。