aichitoriennare

ONE Championshipで戦う。「俺は権力とは“寝ない”姿勢を貫きたいですね。なんかね、俺らパンツ一枚で闘ってる」
『表現の不自由展・その後』がクローズアップされ続けましたが、もちろんそれだけではありません。10月14日の会期終了を前に、豊田市の会場をめぐりました。
香港から学ぶ「自由を求めるノウハウ」を、日本で必要とする日が来るかもしれない...。
「不快に感じる人もいる、とも思った。ただ、表現としては認められるべきもので、僕自身は見て良かったと思う」
「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」の再開に抗議して10月8日、河村たかし名古屋市長が芸術祭の会場前で座り込みをしました。
展示室の前には警備員が3人並び、付近は物々しい雰囲気に包まれていた。
河村たかし市長が「表現の不自由展・その後」の再開に抗議するため、座り込み。
表現の不自由展を含む、あいトリの全面再開。河村市長はトリエンナーレのレガシーについて「暴力が残っただけ。より厳しくチェックせな、となっちゃった」と語りました。
演出家の高山明さんは「ひょっとしたら生まれるかもしれない、『対話』の可能性にかけたい」と話している。
「展覧会オープン時とは違い、ボトムアップなプロセスによって展示が開かれるからこそ、私たちは会期終了まで、全力でこの再開をキープしなければいけません」