aichitoriennare

表現の自由について考えようとした企画自体が「表現」できなくなった。どうしてこんなことに? 憲法学者の曽我部真裕・京都大大学院教授に話を聞いた。
「あいちトリエンナーレ」で抗議殺到の末、中止になった『表現の不自由展』。どんな作品が展示されていたのでしょうか。
「言論や表現の自由の擁護」を理念として活動する日本ペンクラブは、「行政の要人によるこうした発言は政治的圧力そのものであり、『検閲』にもつながるもの」と声明で展示中止を助長する発言を批判した。
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展の一つ「表現の不自由展・その後」に抗議が殺到し、3日目で中止になる事態に。アート界の専門家はどう見たのか。
「元慰安婦の苦痛を記憶する」ための象徴として手がけた「平和の少女像」をめぐって抗議が相次ぎ脅迫も
県職員個人への誹謗中傷には「相手は匿名ですよね。(管轄の)東警察署とはすでに情報共有して対応しております」と怒りを露わに
あいちトリエンナーレ2019の企画展「表現の不自由展・その後」について、津田大介さんが会見した。
「表現の不自由展・その後」に展示されているという情報がネット上で拡散しましたが、実際には展示されていません。
「アートの門外漢である自分だからこそできること、業界にしがらみのない人間でなければできないことがあるはずです」