aidaka

東京都現代美術館(都現美、江東区)による現代美術家・会田誠さんによる作品が撤去・改変要請など、表現の自由が問われる問題が相次いでいることを受け、国際美術評論家連盟日本支部(峯村敏明会長)は7月24日、シンポジウム「美術と表現の自由」を東京都美術館(台東区)で開催する。
東京都現代美術館(東京都江東区)で開催中の企画展で、現代美術家・会田誠さんが家族との連名で発表した「檄」という作品の撤去が要請された問題で、同館は要請を撤回し、原状のまま展示を続けることになった。
東京都現代美術館の展覧会「おとなもこどもも考える ここはだれの場所?」展で一部の作品が撤去されてしまうかもしれないと知り、その前に觀ておきたいと足を伸ばした。
現代美術家・会田誠さんの作品が、展示している東京都現代美術館から撤去を要請された件が物議を醸している。作品にはなんと書かれているのか。
現代美術家・会田誠さんが7月25日、東京都現代美術館(東京都江東区)に展示中の「檄」という作品について、制作意図を明かし、撤去要請が不当であると訴えた。