aidoru

AKB48のブレイク以降、女性アイドルグループが乱立し、いまやシーンは飽和状態に陥りつつある。こうした状況下、これからデビューするグループにとって、他グループとの差別化は大きな課題だ。差別化と一言でいっても、“多国籍”“釣り”などグループコンセプトによるものや、よりファッション性を高めたグループなど様々なものがあるが、最近増えているのが、音楽面でのアプローチで人気を集めているグループだ。そこで、今回、最新の女性アイドルグループのサウンド、さらに今後のトレンドについても探っていく。
エイベックスは、停滞する音楽市場の中であっても国内の好調な業績を背景として、以前から海外進出を重要な戦略の一つとして考え注力してきたが、現在まで海外におけるブランドの浸透に苦戦してきた。それに対して2014年に入ってから海外進出に対するアプローチを変更しており、今回はそのアプローチの内容と評価について情報共有します。
「清く正しく美しく」をモットーに活動を続けるアイドルグループ、制服向上委員会(SKi)は、今年で活動開始から22年目を迎える。「可愛く歌って踊り、社会問題を提起していく」と、グループの会長である橋本美香さん(34)は話す。集団的自衛権の行使容認など最近の政治状況についても「政治家だけで強引に決めていくやり方」と疑問を抱いており、今後も、歌を通じて社会にメッセージを伝えていきたいと話した。
アイドルグループ・乃木坂46が、シングル「夏のFree&Easy」を7月9日に発売した。乃木坂46は、2012年2月発売のデビューシングル「ぐるぐるカーテン」の初週売り上げ13.6万枚から右肩上がりで上昇を続け、「夏のFree&Easy」では初週42.2万枚を売り上げ、7/21付週間シングルランキング首位に初登場した。デビュー以来初となる2作連続40万枚を突破した乃木坂46が、躍進を遂げた秘密に迫ってみた。
AKB48の振り付けを担当する夏まゆみ氏が、芸能界で大成するためのアイドルとしての資質について独自の視点で語った。
アイドルグループ・でんぱ組.incのメンバーが15日、午前2時頃、栃木県宇都宮市内の大谷石採石場跡でテレビ朝日と東映が共同制作するネット配信動画及び映画用コンテンツの撮影中に体調不良を訴え、救急車で同市内の病院に搬送されていたことがわかった。
大島優子(25)が9日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、2006年4月1日の劇場デビューから8年2ヶ月におよぶアイドル活動に幕を下ろした。最後のあいさつで「最初入ったとき、嫌いだったんですAKBのこと」とぶちまけつつも、「今までの卒業生よりも一番、AKB48の近くにいたい」と今後もメンバーを支えることを誓った。
でんぱ組.incの本拠地であるアキバのライブ&バー「ディアステージ」。そこから武道館までは、実はわずか約3km。しかし、その3kmの先にある武道館にでんぱ組の彼女たちは6年かけてたどり着いたことになります。
これは未だにアキバ=電気街というイメージがある人には理解しにくいかもしれませんが、AKBだけがアキバではないということだけは理解しておいた方がいいでしょう。
ソフトバンクモバイルの人気CM「白戸家」シリーズに“天使すぎる”と話題になった福岡の地方アイドルグループ・REV.fromDVL(レブ・フロム・ディーブイエル)の橋本環奈(15)が出演することが28日、わかった。橋本は、「白戸家」お父さん行きつけのバーの娘役を演じている。