aifon

非営利の消費者組織が運営する「コンシューマー・レポート」は、iPhone 6とiPhone 6 Plusについて実験室でのテストを行った。
上海の浦東空港で25日、米アップルの新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)6」と「6プラス」を大量に密輸しようとした疑いで、東京から訪れた日本人と中国人が税関当局に摘発された。新華社通信(電子版)などが伝えた。
私たちはハードウェア・エンジニアではないが、これはよろしくない。新しいiPhone 6 Plusは両手だけで思いっきり曲げることができる。
買ったばかりの「iPhone6」または「iPhone6 Plus」をポケットに入れて持ち歩いたところ、の本体が、わずかながら曲がって変形してしまったユーザーがいる模様だ。
新発売のiPhone6を求めて、アップルストア銀座に並んだ人はどれくらいいた?行列の長さを動画で紹介。
9月19日、ついに発売されたiPhone 6。オーストラリア・パースのアップルストアで購入したジャック・コックジーさんはテレビのインタビューに答え、さっそく箱から出そうとしたわけだが……
9月19日、Appleの新型スマホ「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の2機種が発売された。6月にオープンしたばかりの直営店、アップルストア表参道には1000人を超えるファンが行列を作り、開店直前にはおよそ1キロ先の外苑前にまで達していた。
iPhone 6のCM動画がYouTubeに投稿されているのだが、そのBGMが“斬新”だ。「2001年宇宙の旅」のオープニングで使われた、リヒャルト・シュトラウス作「ツァラトゥストラはかく語りき」なのだが……
Appleの新型iPhoneは今や報道の大洪水に翻弄されているが、でもまだ、間近で見た人は少ないのではないか。ぼくたち一部のプレスは個人的に触ってみる機会があったし、ハードウェアの新しい機能やソフトウェアをすべて試してみた。
iPhone 6 / iPhone 6 Plusでは、SIMフリー版が販売される。SIMフリーとはそもそも何なのか。SIMフリー版を買ったほうがいい人、買わない方がいい人はどんな人なのか。
9月10日未明、Appleは新型スマホ「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と、腕時計型端末「Apple Watch」が発表された。姉妹誌「Engadget」が発表会会場で撮影した、新機種の実機画像をお届けする。
iPhone 6はどんなものになるのか。腕時計型端末iWatchは出るのか――。日本時間9月10日午前2時、アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコでAppleが新製品の発表会を開催する。国内外の報道で浮かび上がった「噂」を5つのポイントで整理した。
米アップルが次期モバイル端末向けOSに組み込む予定の健康管理アプリ「ヘルスキット」の開発を、マウントサイナイなどの米主要医療機関のほか、医療情報の米オールスクリプツなどと連携して進めていることが、関係筋の話で明らかになった。
BtoBで、高い技術を持つ町工場が、下請けを脱却して新たな顧客獲得・新分野進出していくうえで、自社の魅力をいかにわかりやすく発信していくか。そんなヒントがこの事例にあるように思います。
Appleは9月9日にiPhoneイベントを準備しているという情報が流れている。Re/Codeの John Paczkowskiによれば、このイベントで次世代のiPhoneがお披露目されるという。
アップルは、iPhoneの報道関係者向けの「ビッグな」イベント開催を9月9日に予定している。 テクノロジー情報サイトが、情報源に触れず伝えた。
[23日 ロイター] - ブルームバーグは関係筋の話として、米アップルのサプライヤーが、画面サイズの大きい「iPhone(アイフォーン)」を来月から中国で生産すると伝えた。 アップルは画面が4.7インチと5.5インチのiPhone生産に向けて準備を進めており、9月頃に出荷される可能性もあるという。 アップルのコメントは今のところ得られていない。
これ全部、iPhoneで撮りました。
AppleはiPhone5の一部で電源スイッチに欠陥があるとして、無料で交換に応じると明らかにした。
米アップルが今秋にも発売を予定しているiPhoneの新型機種に向けて、ジャパンディスプレイ<6740.T>、シャープ<6753.T>、韓国LGディスプレー<034220.KS>のパネルメーカー3社が、5月以降に液晶の量産を始める計画があることがわかった。4.7インチ液晶の製造が先行し、5.5インチ液晶の生産開始は遅れる見通しという。