akihabara-akb48

大島優子(25)が9日、東京・秋葉原のAKB48劇場で卒業公演を行い、2006年4月1日の劇場デビューから8年2ヶ月におよぶアイドル活動に幕を下ろした。最後のあいさつで「最初入ったとき、嫌いだったんですAKBのこと」とぶちまけつつも、「今までの卒業生よりも一番、AKB48の近くにいたい」と今後もメンバーを支えることを誓った。